※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

笑わない人

「なあ、俺そんっなにつまんないオトコ?」
「…は?」
自分で言うのもナンだけど、今言ったの俺の十八番のギャグ、伝家の宝刀よ?自信無くしちゃうなー。
おどけた口調で言うと、アイツはいつものしかめっ面を更に歪め「馬鹿」と一言で切り捨てた。

最初はただの興味。
校長のヅラが風に舞った時も体育教師のジャージのゴムが切れてズリ落ちたときも
クスリともしなかったアイツは何をどうすれば笑うのかって。
顔面の筋肉おかしいんじゃないかと思って顔グリグリしたら殴られたこともあった。

ここ1年とちょっと、少なくとも学校にいる間は一緒に行動するようになって、
色々と知らなかった部分も見た。全く無表情ってわけじゃないんだよ、絶望的にわかり辛いだけで。
怒るし、睨むし、驚くし。悔し泣き寸前の顔も見た。

―――でも、笑わないんだ。笑わないんだよ。
どんなに自信のあるギャグを言ってもバカをやってもしかめっ面。めっちゃ悔しい。
中国の傾国の美女か、お前は!!警報ベルの誤報でもやったら笑うのか!?

「なあ、いつまでその一人芝居続ける気?」
「お前が笑うまでいつまでも!」
「一生やってろ、先に音楽室行ってるからな」
「ああんお待ちになってぇ~」
「シナ作るな気持ち悪い寄るな」「ノンブレス!?」
「ヤダヤダ先行っちゃやーだーやーだー」
しがみついたら速攻で引っぺがされた。
つか、そんな顔真っ赤にするほど必死になんなくったっていいじゃんさ…。

「人の気も知らないで…」
…ん?なんか言った?
「空耳だろ」