※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ご自由にどうぞ」

彼は言った。

「ご自由にどうぞ」

どうしてそんなに簡単に自分の体を投げ出すことが出来るのか。
僕は戸惑う。
目の前のベッドに座る彼は笑った。
「だって、もうどうだって良いんです」
澄んだ黒目の奥にあるのは諦めだった。
諦めから来る弱々しい微笑み。
ああこの人は今でもあいつのことを愛しているんだと、拳を握った。
彼を置いていったのに、もう触れることさえ出来やしないくせに、まだ彼を縛るのか。
生きている間も、死んでからも、まだ。
彼は着ているシャツのボタンを殊更ゆっくりと外していく。
彼の鎖骨の上を、傷の付いた胸の上を、ランプの灯りが揺らめく。
僕はただじっとそれを見ていた。
外は嵐だった。
叩きつけるような雨と風の音だけが聞こえた。
僕達は、より一層世界から取り残されたようだった。