※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドSと微M

「脚開けよ、ほら」
手錠で両手を頭上に拘束されて、ベッドの上に寝かされて。
あいつは、ベッドの端に座りながら命令してくる。
「嫌だっつってんだろ…!」
身体中を這い回るかのようなあいつの視線を避けるように、顔を背けながら怒鳴った。
「嫌なら別に良いけどな。ずっとそのままだぜ?」
もう限界のくせに、とあいつはさも面白そうに笑う。
俺は唇を噛み締めた。
確かに、変な薬を仕込まれたらしく、俺の身体は既に限界に近い。
あいつには触れられてさえいないのに、俺の中心は熱くそそり立っていて。
全裸で縛られて、あいつに見られているだけで。
「縛られるとそうなるんだ?お前は。変態だな」
「違うッ・・・これは、お前が・・・薬を」
「薬だけの力じゃそうはならないぜ」
そう言って奴が俺の脚をぺろりと舐めてきて。
「俺に見られて、感じてたんだろ?ずっと」
初めて与えられた刺激に身体が跳ねて。
目を瞑ると、余計にあいつの視線を意識してしまう。
「素直になれよ・・・楽になるぜ」
あいつが俺自身をそっとなぞってきて、先端から先走りの液が零れた。
中心が熱を持ったようで、苦しい。思わず涙が流れた。
それでも、俺は絶対に認めない。自分から求めるつもりもない。

自分がこんな痴態を演じているのは、全て薬のせいなのだから。