※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

軍人

 見覚えのある後ろ姿をみつけて声をかけたら、相変わらず精悍な軍服姿の彼は、大層驚いてくれた。
「やあ、生きてれば会えるってのは本当だな。」
「……あ…」
まさに言葉を失ったという風情で、数秒私を凝視したあと、彼独特の低い声で無事だったのかとつぶやいた。
「あの地域への爆撃は報道が制限を受けていて…しかし噂でそうとうの被害だったとは聞いた。」
「ああ、死人がたくさん出た。建物も壊れた。あれが人間のする事なんだからなぁ。」
私と言葉を交わす時も、彼は相変わらず姿勢を崩さないし、表情がくつろぐ事もない。しかしさっきからたびたび彼の目の中に隠しようのない揺れが表れるのは、戦争がこの勇敢な男からも命の力を削ぎ取っていっている証拠ではないのか。そんな思いでつい彼の顔を覗き込むように見ていたら、ふと、まったく意外な言葉を聞かされた。
「あなたが死んだと思ったことが俺を変えた。」
「…なんだって?」
「…あなたは、たとえどんな場所でも人間には祈りが必要だと言っただろう。そう言ったあなたがいなくなってしまったのなら…俺があなたの代わりに祈りつづけなくてはならないと思うようになった。」
「…君が、私の代わりに?」
彼は答えなかったが、ただ険しい表情で、まっすぐ私を見つめ返してきた。
「それは…礼をしなくちゃならないな…。」
私はそう言いながら彼の手を取り、笑いかけたかったのだが、涙が頬を伝わり落ちた。
私が彼の代わりにしてやれる事は、涙を流す事だったのかもしれない。