※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪に立ち向かう少年

「絶対に許せないんだ」
彼は言った。
「君なら魔王を倒せるかもしれないね」
町人に化けていた私は
顔だけは優しげに微笑んで、心にもない返事をしたものだった。
瞳の強い輝きが印象的な、心根のまっすぐな少年であったが、
その義憤や志が果たしていつまで持つものか。
そう思っていた。

実際、愚かで浅慮なたくさんの少年が私を目指したが、
大半は旅に出る事もなく、日々の生活に流されて大人になってゆき
また旅に出たものも、ある者は城に辿り着く前に力尽き
ある者は故郷に逃げ帰った。

城の中に客人を迎えるのは、だから本当に久しぶりだ。
水晶に手をかざすと、一心に剣を振るう彼が見えた。
大分背が伸びて大人びてはいたが、強い瞳の光に衰えはなく
その眼光に射抜かれたとき
震えるような喜びが、私の身の内に満ちた。

私が与えたどんな困難も妨害も、彼の光を打ち消すことはできず
そうして今、彼は私の前に立とうとしている。

恋をした娘のように胸が高鳴る。
こんな興奮は、魔王として君臨してからも、人間だったときでさえなかったように思う。
早く君に会いたい。
君の息の根を止め、魂ごと自分のものにしたい。
君の剣をこの身に受け、喜びの中で息絶えたい。

城の最深部に位置する、この玉座の間まではまだ遠い。
早く、早く、早くおいで。ここにおいで。私の懐に。