※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もうちょっとだったのに

ごめん、すみません、面目無い、と
思いつくままの言葉で謝り続ける攻めを、受けは煙草をふかしながら横目で見ている
謝られたって、お人好しにいいよ、気にしないでなんて
この状況じゃ口が裂けても言えない
「…自信満々だったくせに」
汗で湿った髪をかきあげて、受けはわざと大きく煙りを吐き出しすと、
「あーもう!」
と唸るように言い、乱暴に煙草をもみ消した

攻めが悪い訳ではないと、分かっているけど
この火照ったカラダをどうしてくれよう

「…もうちょっとでイケたのに」

ぶーぶー文句を言いつつ。
最中も最中、めちゃめちゃいい時に気の毒にも情けなく
ぎっくり腰を発症させた攻めを病院に連れて行くかと、
受けはタクシーを呼ぶべく携帯を手にした