※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もし明日死んでしまうとして

もし明日死んでしまうとして、
俺が18年間生きてきたこの世界に悔いを残さないよう締め括る為には何をしようかと、
退屈な授業の合間に、そんな意味のない事をふと考えてみた。
(まずエロ本捨てるだろ、んで、美味いモン腹いっぱい食って……つーか俺童貞じゃん。そりゃせつねえだろ…誰でもいいからヤって…)
そこまで考えて顔を上げると、目の前にイライラ顔の山田がいて驚いた。
「てめぇ聞いてんのかボケ!」
「ボケじゃねーよ!何だよいきなり」
「いきなりじゃねーよ!ずっと話しかけてんだろ」
いつのまにか授業は終わったらしく、気の短い山田は前の席にドカっと座り込んで不機嫌そうに眉を寄せていた。

山田とはかれこれ10年近くの付き合いだが、いまだに切れどころが掴めないで困る。
(そういやコイツ、彼女とか聞いた事ねぇなぁ…)
「なぁ、お前ヤった事ある?」
「セックス?あたり前じゃん。いまどき中学生でも済んでんだろ」
「うぇ!?}

何の気なしに訊ねるとさも当然と言わんばかりの返事が返ってきて、アホみたいな微妙な声が出た。つーかそんなの初めて聞いたんですけど俺…。

俺中学生以下?

言葉に詰まっていると、山田は意地の悪い顔で覗き込んできた。

「あれ?ひょっとしてお前童貞?その歳で?!」

図星を突かれて俯く俺と、うっわ、ありえねえ~などと楽しそうな山田。

その声に集まってきたクラスメイトも、なんやかんやと一緒になってバカにしてきた。

俺は頭にきた勢いで机をバンっと叩き、思わず叫ぶ。

「うっせぇな、じゃあ山田おめえがヤらせろよ!」

しーんとする教室。続いて起こる爆笑の渦。

やべぇ、俺変なこと言った?

「何お前、そうだったの?!!」

「まぁ男子校じゃあな、そう思うときもあるよ」

笑いながら適当なことを言ってくるクラスメイトに何も返せなくて、

助けを求めるように山田を見るとこれまた笑いをかみ殺しながら言った。

「まぁ俺は偏見ないからさ。お前の事好きだし相手してやるよ」

からかってるのか本気なのか。

山田のいたずらな上目遣いに不覚にもドキっとした瞬間、

俺はコイツが好きで、さっきの言葉は本心から出た事に気づいてしまった。



このままじゃ明日死ぬなんてとんでもない。