※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もし明日死んでしまうとして

白色とクリーム色が支配する部屋の窓から、揺れる最後の花を見ていた。


ノックの音に振り返れば、四角く切り取られた空間に
いつも通りの感情を読ませない顔がある。
今日の授業の内容を告げる口調にも一切の私情は見られない。

(知ってるくせにッ……!)

学校に行けない俺のために、
せめて遅れないようにと気遣ってくれていることはわかっている。
届けてくれるノートのコピーもわかりやすいようにと丁寧に書いてくれている。
それでも、その無表情が辛い。

「もし……もし、明日の手術に失敗したら……きみの苦労もムダだよ」

流れるように続けられる言葉を遮るように口を開く。
知っているはずなんだ。俺の気持ちも、明日の手術の成功率も。

無言で、ただまっすぐに見つめてくる視線。
耐えられず、顔ごと逸らした。
逸らした目に入ったのは、季節外れの一輪の花。
俺の視線を追って、きみの目が窓の外へと向いたのが視界の端に入った。
思い出したのは、きみの聡さと優しさ。そして、授業で習った老画家の最期。
振り向いて、できるだけ明るく笑顔を浮かべる。

「なんて、ね。ごめん。ちょっと悪趣味だったな。成功するに決まってるよ」

俺も知っているから。
きみが俺を大切に思ってること。
ただ、それが俺の思いと違うだけだって。
俺がアイツじゃないだけだから。


きみは何度も振り返りながら病室を出て行く。
これからアイツのところへ行くのだろう。
俺は見ていることしかできない。

俺を閉じ込めている牢獄の窓から、
今にも吹き飛ばされそうな一輪の花を見ていることしかできなかった。