※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お前は幸せになれば良い。

「お前、何やってんの?」

金曜の夜。強か酔って帰ると、アパートの部屋の前に後輩の須藤が立っていた。
飲み終わったコーヒーの缶にタバコを捻り潰し、立ち上がる。
何が面白くないのか、たいそう不機嫌な面構えだ。

「飲んでたんですか」
「来るなんて聞いてなかったからな」
「誰と」
「誰でもいいだろ。それよりお前、こんなとこいていいのか?」
「いけませんか?」

こいつは明日、結婚する。
俺が今夜、飲まずにいられなかった理由である。

「今日中に伝えておきたいことがあって」
ドアの前から須藤をどかし、鍵を探して鞄の中を掻きまわす。
酔いの回った頭も手先も言うことを聞かず、鞄の中身がいくつか零れ落ちた。
スッと目の前に影が落ちたと思うと、須藤が俺のポケットから鍵を取り出していた。
身体を抱え込むように反対側に手を回したので、思わぬ顔の近さに、俺は赤面した。
「何?伝えたいことって」
動揺を覚られまいと、鍵を奪い取り、急いて鍵穴に差し込むがうまくいかない。
古いアパートだからか、この鍵はいつも開けづらい。

「明日の披露宴で、先輩にコメントもらうことになってるんで、考えといて下さい」
「は?急になんだよ。聞いてない」
「あいつは内緒でって言ったんだけど、先輩こういうの苦手だから」
「苦手だよ、知ってるなら勘弁してくれ」
「二人のキューピットなんだから絶対…だそうです」

ガチャガチャと半ば力任せに鍵を回していると、そっと手を重ねられた。
「壊れますよ」
耳元で聞こえた声に、一瞬で身体が強張る。
重ねられた手が、俺の手を握り、鍵を一度引き抜かせ、再度差し込んでゆっくりと回す。
カチッと軽い音を立てて、容易く鍵は開いた。

手の甲に、そして背中に感じられる体温が、俺の目頭までも熱くする。
自ら手放した、けれど今も変わらず愛しい温もり。
正直、今夜だけは会いたくなかった。
今夜を乗り越えられれば、明日から笑って二人を見守ってゆく自信があったのだ。
…いや、まだ堪えられるはずだ。自分が望んで指し示した道なのだから。

「…離せ」
ようやくしぼり出した声は、しかし掠れて、須藤には届かなかったのだと思う。
俺の後ろから伸びた腕がドアを開ける。
そのまま押し込まれるように部屋へ入れられる。
乱暴にドアが閉まる音と同時に、俺はきつく抱きしめられていた。

悲鳴に近い声で、俺は須藤の名を呼んだ。
もがいて逃げようとするが力で適わないことはわかっている。
須藤の手が、明確な意志を持って俺の身体を弄り始める。
「やめっ…」
俺は何とか身を捩って身体の向きを変え、その手から逃れようとした。
向き合う形になって初めて見た須藤の目は、その行為とは裏腹に、やけに冷めて見えた。
冷たい眼差しに射止められ、逃げることを忘れた俺に、今度は乾いた言葉が向けられる。


「全部あんたの言う通りにしてきたんだ。最後くらい俺の言うことも聞いてくださいよ」

そのとき初めて思った。
俺は、間違っていたのかもしれない。


「最後にもう一回やらせてよ、先輩」

感情のない声に涙が出た。