※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本当にそれでいいの?

 また、こいつはそれだけを問う。もう何度目のことだろうか。
 ずっとずっと、物心ついたときから既に無二の存在だったこいつ。幼馴染兼親友から、紆余曲折あって恋人に昇格して、更にそこから十余年経った。その長いが一瞬だった年表の、いつごろあたりだったろうか? 喧嘩だとか、俺が癇癪起こしたときだとかに必ず出てくる言葉が出来た。
 本気でそう思ってるなら、俺はシュウには逆らわないよ。
 そんな感じの前置きがあって、後はいつも同じ言葉。
 ねえ、どうなの? と続けられると、何故かいつも逆らえなくなってしまう、魔法の言葉。
 あるときは、怒りながら。
 あるときは、微笑みながら。
 泣きながら、無表情で、歌うように……感情のバリエーションは色々あったが、出てくる言葉はいつも同じだった。同じで良かった。それだけで、充分だったのだから。

「なあ、でもさ、そろそろ限界だと思うんだ。俺も、お前も……いくら晩婚化だからって、生涯独身が増えてるからって……そんな理由じゃ、切り抜けられないだろ。それに、なかなか良さそうな女性じゃないか。お前の……見合いの相手」
 だから別れようと、手を変え品を変え、俺は何度こいつを諭そうとしただろう。付き合い始めて間もない頃から、今に至るまで。かなりの回数に上るはずだ。でも、こいつは折れない。また、あの言葉を繰り返す。
「シュウはさ、本気でそう思ってるんだ?」
「良介、俺だって、お前が一番だよ。お前が好きだ。お前以外誰も要らないよ。けれど、その見合い話の出所はお前の両親だろ。お前の両親は、お前がちゃんと女と結婚することを望んでるんだよ」

 俺の親と俺は別物だよ。ましてやシュウはもっとだろ?
 ねえ、シュウ。
「          」

 なあ、知ってるか? 俺はいつも、お前のその言葉を待ってるんだ。
 お前は俺にいろんな言葉を寄越してくれるけど、どんな熱っぽい告白よりも、俺はその言葉を望んでる。
 真っ直ぐな言葉に隠された、歪んでしまいそうなくらい切羽詰まったお前の心が見えるから。
「いいわけないだろ」
 俺の返事にほころぶお前の顔が、愛しくてならないから。

 お前がその言葉を使うように仕向けて、お前が俺に縛られるように仕向けて。お前は俺を悪人だと思うだろうか。俺が悪人だと知って尚俺を好いてくれるだろうか。
 お前のそれが聞きたいためだけに、俺はお前の世界を引っ掻き回す。お前がそれを言ってくれる限り、きっとずっと繰り返す。

 その言葉に縛られているのは、俺のほうだ。
 このどす黒い感情を全部お前にぶちまけたら、きっとお前は繰り返すだろう。
 本当にそれでいいの? と。
 俺だけに、向けて。幾重にも、縛り付けるように。