※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今年の紫陽花は何故か青い

今年の初めに日本へやって来たばかりの、金髪の友人。
彼は梅雨の湿気にやられてか、ここのところ随分と気が沈んでいるように見えた。
ちょっとでも気晴らしになればと、やってきたのは紫陽花で有名な寺…は混んでいるので、
その近くにある、あまり知られていない紫陽花園。
平日の昼前だから僕たちの他に人影はなかった。
こじんまりとした敷地内に、所狭しと咲く紫陽花。
小雨がぱらつき出したが、傘を差すほどではないと思った。
雨に濡れて、花はしっとりと美しさを増す。
僕の少し前を歩く友人は、園の入り口でその光景を見渡し、すぅっと大きく息を吸い込んだ。
そして小さく呟く。
「青い…」
ああ、紫陽花の色に、驚いているのか。
確かに、ちょうど盛りの紫陽花は、インクを流し込んだように深い青色をしていた。
「日本は雨が多いから、紫陽花は青が一番濃くなるのが普通です」
「へえ…」
ちゃんと聞いているのか、心ここにあらずな声が返ってくる。
「ヨーロッパみたいな乾燥した土壌だとね…」
アルミニウムが吸収され難くってピンク色になるんですよと、説明しようかと思ったが、
彼は僕を置いてどんどん奥へ入っていってしまうのでやめた。
まあ、気に入ってくれたみたいだからいいけれど…。

彼はちょうど園の中央あたりで立ち止まり、自分の周りに広がる青い風景をゆっくりと見渡している。
近づくと、彼の見ているのは紫陽花のようでいて、実は違う遠い場所のような気がした。
そして、何故だろう、とても悲しげな表情だ。
何か話さなくちゃと思って考えを廻らせ、思いついたのは、
「花言葉!」
僕のほうを向かせたくて、ちょっと大きな声を出してみる。
彼はこっちを向いたが、でもまだだ。まだ、心ここにあらず。
「紫陽花の花言葉知ってます?」
青い色の瞳を見ながら僕は話す。
「紫陽花って、咲いてから色々に色が変わるでしょう?だから『移り気』とか『心変わり』なんて言うんですよ」
恋人にあげたら怒られちゃうから覚えておいたほうがいいですと、僕は笑いながら言ったのだが…。

彼は僕を見ていた。しっかりと僕を見つめた。
そしてみるみるその目が潤んで、水滴が零れ落ちた。
青い瞳が溶け出したのかと思って驚いた。
そのくらい唐突に、微動だにせず、彼は泣き出したのだ。
「なんで泣いてるんですか?」
僕は何か気に障ることをしてしまったのかと焦る。
おろおろする僕を見つめたまま、ポロポロと涙を流す彼。
暫くの間そうして二人立ち竦み、霧雨に髪が濡れて、雫になりだした頃、彼が口を開いた。

「…私には、最愛の妻がいました」
知っている。彼が肌身離さず持ち歩いている写真の女性。
彼女が既にこの世にはないことも、知っている。
「彼女の死の間際、私は生涯、彼女以外を愛さないと誓いました」
頬を雨水がつたっていく。
雨は彼の頬も濡らしていたが、後から後から溢れる涙の痕を、消すことはできない。
「誓ったのに…」
そう言って彼は、堪え切れないというように表情を崩す。
泣き顔になる。唇が震えている。
それでも青い目は、僕を見たままだ。
「私は、彼女に謝らなければならない」
僕も馬鹿みたいに突っ立ったまま、彼の目を見ていた。
青い…。
「あなたを、愛しています」