※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今年の紫陽花は何故か青い

死にネタ注意
――――――――――――――――――――――――

「おお、綺麗に晴れたなあ!」

若旦那が太陽と一緒に笑いながら庭へ出てきた。
しばらく雨続きで出られなかったから嬉しいのだろう。
下駄をころころ鳴らし、機嫌よく庭の植木を見て廻る。

「うん、皆元気そうだ。お前の様な腕のいい庭師を雇えて俺は幸せもんだなあ。
 で、これはなんてえ木だい? みかんか? 柿か?」
「みかんも柿もこの庭には植わってませんよ…」
「何ぞ実がなるモンは無いのかい。楽しみがないよ楽しみが」
「大旦那が虫が寄るからと言って嫌ってらっしゃいますからね。さ、薬を撒きますよ」

ひゃいひゃいと子どもの様にはしゃぎたて、若旦那は口元を押さえて逃げ出す。
少しユルいとは思うが、こんなに喜んでくれるならば庭師冥利に尽きるというものだ。

「これは知ってる。紫陽花、だ」

撒いたばかりの露を弾き、若旦那は紫陽花を指差して笑った。

「でも、今年の紫陽花は何故か青いな。去年は赤だったのに色が変わってる」
「赤いのがお好みですか?」
「……いや、今年は俺の親友が長い長い旅へたった。
 紫陽花もそれを悲しんでるんだろ。やつもこの庭が大好きだったからな」

そういって土を少し握り、口元へ一度やると撒きながら部屋へと戻っていった。

――薬を撒いたんです、若旦那。
虫が、俺の大事な木に虫がつきそうだったから。
食い荒らされるくらいなら俺は毎夜悪夢にうなされても良い。
目が覚めれば可愛い木の愛らしい笑顔が見られるから。

俺は眉を寄せて、土からはみ出た虫と着物の袖を埋めなおした。