※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

子羊×狼

ぴょこんと突き出た耳、ぺたんと下がった尻尾。花咲く道に、お腹をすかせた狼が一匹。
「うう、腹減ったあ…」
狼がしょぼんと俯くと、前方においしそうなけものの臭い。そう、狼の大好きな…。
「羊だ!それも子供の羊だー!」
狼はささっと様子を窺って、飛びつこうとしました。しかしその子羊は、よく見れば狼のよく知る羊だったのです。
「ああっ、てめえ!」
そう、この子羊、狼と数年前から因縁があったのです。
そしてとうとう狼がその因縁に決着をつけようと、先日子羊に飛びかかったのですが…。
「ん、狼くんじゃないか。調子はどう?」
「サイッッッアクだ、お前のおかげでな!」
狼が顔面蒼白で叫ぶと、子羊はふん、と鼻を鳴らします。
「しょうがないじゃない。僕だって君に食われそうだったんだから、正当防衛だよ」
「何が正当防衛だ、あれから俺は、俺は…」
そこで、狼の顔は真っ白から真っ赤に変わります。先日の出来事を思い出しているのです。
「俺は?」
「…ぜっ、全身が痛くて動くのも辛いんだよ!」
「ふーん」
子羊がにやにやと笑うのに、狼はますます真っ赤になります。
「じゃあ僕の家においで。手当てしてあげよう」
「てっ、てっ、手当てって、どうせまたこの前みたいなことするつもりだろ!」
「この前みたいなことって?」
羊が狼に詰め寄ってそっと耳に触れると、狼の体はびくりと跳ねます。
「…や、やめ…耳は…」
「そうだね、この前も耳に触ったら可愛く反応してたもんね。弱いんだ」

「…ハッ」
目が覚めたら、汗だくだった。そりゃそうだ、あんなおぞましい夢を見りゃな。
まったく俺としたことが、こないだは一度あいつに不覚を許してしまった。
でも二度目はない、二度目はないぞ…。
「目が覚めた?」
「って、ぎゃあああ!何でお前がいるんだよ!しかも、じ、上半身ハダカで!」
「そういう君は全裸じゃないか。まあ僕が脱がせたんだけど」
「!?う、うわあああ!」
確かに俺は裸だった。しかもよくよく見れば、ここは憎たらしいあいつの家。
「昨日も可愛かったよ。二度目だったから、最初の時より素直だったし…」
そこまで言われて、じわじわと昨日のことを思い出す。
ものすごい声をあげてしまった、ような。
ものすごい勢いでシーツを掴んでいた、ような。
「ところで朝食はパンがいい?ごはんがいい?」
「…い、う、うるせえ!!俺は羊の肉しか食わねーよ!!」
そう言って、奴に一糸報いようと飛びかかる。子羊のやつの不敵な笑みを崩してやろうと。
しかし勢いにまかせて向かっていけば、足を引っ掛けられて、そのままベッドの向かいのソファに倒れこんだ。
即座に起き上がろうとすれば、ぎしり、とソファに体重が預けられる音がして。
羊の奴が、俺の上にのしかかって。また、にやりと笑っていた。
「まだ僕のこと食べようとしてるんだ。二回も僕に食べられたのに。しかも結構ガードがゆる…」
「うっ、るっ、せーー!!」
俺はちゃっちゃと服を着て、奴の家から飛び出した。もう二度とあんな仕打ちは受けまい、と思って。
お気に入りの湖にたどりついて、自分の顔を映してみれば。
ひどく情けない顔が、そこにはあった。