※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カレーうどん→かつ丼×ラーメン

カレーうどん、人気ですよね。店に入るまでその気はなかったのに、
あのスパイシーな香りにやられてホイホイ注文してしまう方も多かろうと思います。
インド系イギリス人の父と、日本人の母の間に生まれたハーフといったところでしょうか。
エキゾチックでモテメン、でも付き合ってみると”和”の香りを感じさせたりする粋な男です。

そんな、良くいえばいいとこ取りの、悪くいえばどっちつかずなカレーうどんには気になるやつがいます。
(ボリューム・カロリー的に)女子には敬遠されることも多いが、野郎どもには根強い人気のかつ丼です。
見た目はもっさり地味系。でも女の子が「なんかムサいし…」なん言ったりすると、
それを聞きつけた男子に「そこがいいんじゃんかよ!」ってムキになって庇われるタイプ。
カレーうどんにしてみると、かつ丼の純和風な潔さは好感度が高い。
濃いやつだけど、ふんわりしてて当たりが柔らかなところもなんだかイイ!

しかし、そういう好男児が誰かと付き合ってるのもお約束。相手は国民的アイドルのラーメンです。
「汁を舐めただけで目隠ししてても君のこと分かるよハァハァ」というコアなファンも存在するモテっぷり、
知らない者はないレベルの知名度、中国ウン千年のバックグラウンド、
それでいて気取らない庶民派という、非の打ちどころのない完璧受。
しかも人気に驕らず、飽きられないよう密かに努力を重ねるタイプです。
とろとろ五目麺・肉感で勝負チャーシュー麺・白濁スープで誘う魔性の豚骨……
排骨麺なんてやった日には、見た目かつ丼とお揃いみたいなもんです。
おま、いまどきペアルックかよ恥ずかしいやつらだなー見てらんねーよ。゚ヽ( ゚`Д´゚)ノ。゚ウワアアアン
というカレーうどんの叫びが聞こえてきそうです。

そんな展開かわいそうだろ!とおっしゃるカレーうどん×かつ丼派(リバ可)の方は、
せめてお腹の中で一緒になれるよう、両者を30分以内に完食してやってください。カロリーがなんだ!