※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲーマー

大学に入って好きになった人は、背が高くて、スポーツマンで、頭も良くて、優しくて。
俳優の誰とかに似てるとかで、周りにいつも女の子がいて、楽しそうに話している。
俺ときたら、背は低いし、スポーツも勉強も苦手だし、人と話すのが苦手で。
おまけにゲイで、いつもいつも教室の隅っこで、彼を眺めることしかできない。
大学に友達らしい友達もいないので、俺は毎日毎日ゲームをしていた。
最近発売された対戦型のゲームで、ネット対戦ができるヤツだ。
毎日毎日俺は、顔も知らない誰かと戦っていた。

そんな俺に転機が訪れたのは、彼が教室に珍しく一人で入ってきて、バッグから
PSPを取り出した時だった。
もしかして…と思った。講義始まる直前だけれど、トイレに行くふりして、彼のPSP画面を
覗き見た。彼は、あの対戦ゲームをやっていた。

俺は、三日三晩悩んだ。
「一緒に遊ぼうよ」と言ってみたいけれど、彼は嫌じゃないだろうか。
いきなり通信対戦を申し込んだら、彼はどんな顔をするだろうか。
そして四日目の朝に、俺は校門の前で彼を待つことにした。
俺の性格では、どうシュミレーションしても、まともに話すことなんて無理だ。
だから、せめて「気持ち悪いけれどゲームが上手い変なヤツ」として、彼の記憶に残ろう。
気合を入れるために、指なしグローヴを手にはめた。
そして、彼が来た。

「勝負だ!」
いきなり現れてPSP片手に勝負を挑んだ俺に、彼はものすごくびっくりした顔をした。
運が悪いことに、彼の隣には、3人の女子がいた。
「え、やだ気持ち悪い」とか小声で言っているのが、聞こえる。
目をそらすな俺。がんばれ俺。
震えるひざをおさえながら、俺はPSPの電源を入れた。
彼はそれを見て、バッグからPSPを取り出し、電源を入れる。
クイッとメガネをあげる仕草が格好よすぎて、逆の意味でひざから力が抜けそうになった。

…対戦は、正直なところ、互角だった。
一戦目は何とか勝てたが、二戦目では彼と引き分けになり、判定で俺が負けしてしまった。
ネット対戦で何人もを屠った俺としたことが、彼の繰り出す、超早い連続技コンボにピヨりかけた。
しかし俺は必死で体勢を立て直し、彼に超必殺コンボを叩き込んだ。
親指の皮がむけそうなほど指に力が入った、渾身の一撃だった。
2-1で、俺は勝った。

「…何あの人、ゲームで超喜んでる。キモいんですけど…」
勝利に喜ぶ俺に、女の子の冷静なキツい一撃が入った。
しかし、俺はもう関係なかった。彼の記憶に、数日間だけかもしれないけれど、残るだろうから。
「…対戦ありがとう…」
ボソボソと俺は言って、走って去ろうとした。もうこれ以上、校門で彼に恥はかかせられない。
「いや、ちょっと待てよ! どこ行くつもりだ!
 おいお前ら、ちょっとよそ行っておいてくれ。俺はちょっと大事な話があるから」
しかし、彼は、俺の肩をガシッとつかんで逃げられないようにした上で、女の子達を追い払ってしまった。
俺は間近の彼の気配に一杯一杯で、声も出せないほど真っ赤になって固まってしまった。
しかし彼は、そんな俺を気にしもせずに、もう一度PSPの電源を入れた。
「おい、もう一回対戦しろ」
「…は?」
「俺、負けず嫌いなんだ。だから、もう一回」
「はははははは はいい???」
「ぜひ、よろしく頼む。勝つまでやるから」
「ええええ」
「あと、お前、来月出る、KOFの新作は買うか? あっちなら、絶対俺の方がアーケードでやりこんでる
 から、俺の圧勝だ。そっちでも再戦を要求させてくれ」
「え、あ、はい、でも、俺KOFは小学生からやりこんでて」
「俺もだ!」
その時、俺ははじめて、彼がコアなゲーマーだと悟った。
そしてその後の、本当に勝つまでやめない、という展開も。

数ヶ月後。
何百回目の対戦後に、彼にこう言われることになる。
「次、俺が勝ったら…俺と付き合え」
あぁ、ゲームの神様…。
俺は、無意識のうちに、開始と同時に超必コンボを叩き込む自分の指を呪った。