※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開かない扉の向こうとこっち

扉が閉まった瞬間、自分の呼吸まで止まった気がしたのは、きっと勘違いではない。
結局自分は恐ろしかったのだ、同情されることが。最後のプライドの瓦解が。
恐れていたことが現実になったから逃げる、なんて。
(臆病な子供でもないのに、)
苦笑しながら呟いたと思った言葉は、乾ききって掠れていた。
それでもこうして拒絶するしかないのだ。
後戻りしてやり直すことは出来ないし、今更感情を表すことも出来ない。
そもそも一緒にいられるなんて、勝手な幻想にすぎない。
氷のように冷ややかな壁の向こうでは、まだ彼が辛抱強く声を張り上げている。
いっそ初めから、とことん突き放してやればよかったのだ。
彼と関わりすぎてしまったのは何より痛い失策だった。
こうなることが予測できないわけでは無かったはずだ。
わからない。なぜ気付かなかった?
扉の向こう側で彼が自分の名を呼んでいる。
心のどこかでほんの少し、こうなることを望んでいたなんて嘘だろう。