※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その瞳に映るもの

 咽喉の羽毛を震わせて、彼は耳に涼やかな声をあげた。
「チロ、リロ、リロ」
 籠が置かれたテーブルの下、私は腹這いに寝そべり欠伸を漏らす。
 彼の住居である籠の中、彼は飽きずに、窓から溢れる陽光に歌う。チロ、リロ、リロ。なんてうつくしい声だろう。上機嫌で、ゆっくり内側が白い巻き尾を揺らした。
「──ああ、今日も本当にきれいですね」
 不意と彼の歌が途切れ、代わる甘い声が私の敏感な聴覚を擽った
 閉じかけていた片目をちらりと開けて、彼の折れそうに華奢な体と、彼が見上げる窓を見やる。
「うん。本当にきれいだ」
 射し込む光が眩しくて、瞬きながらゆっくりと返すと、彼は嬉しげに「でしょう」と首を傾げた。
 彼はいつも、飽かずに窓を眺めている。
 生まれた落ちた瞬間から、彼の世界は小さな籠と、そこからみえる窓だけだった。
「あなたが教えてくれたんですよね。あれは“ソラ”と呼ぶのだと」
 そうだったねと、答えて私は顔を上げた。
「きみが教えてくれたんだよ。空はたくさんの光が踊っていると」
 私には自慢の耳がある。何でも嗅ぎわける鼻がある。しかし、彼に教わった空の“色”を、私はみる事はない。
 それで良いのだと私は思う。
 彼と私は、顔を見合わせて微かに笑った。
「さあ、またきみの歌を聴かせておくれ。空がどんなにきれいなのか」
 きみの瞳に映るものを、私は誰よりも傍で聴いていよう。
 チロ、リロ、リロ。
「なんてきれいなんだろう。何て眩しい色だろう。世界はなんてきれいなんだ」
 再び紡がれだした彼の歌が、私の世界を彩っていく。
 私は、尾を振りながら目蓋を落とした。