※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そんな顔したりするから

死にネタ系苦手な人注意
短くてすまん。
======


「もう動かないね。」
震える唇を指でなぞる。
「ぼくの……せい?」
君は虚ろな眼でぼくを見る。
「そうだよ。君が好きになったから、あのこは動かなくなっちゃった。」
僕は君の髪をゆっくり撫でる。
「かわいそうにね。」
大粒の涙をこぼす君はとても綺麗で、とても愛しい。
「泣かないで、もうあのこは苦しくないし、痛くないよ。」
繰り返しごめんなさいと呟く君に何度も優しくキスをする。

そんな顔したりするから、僕はもっと君に酷い事をしたくなるんだよ。