※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天使×悪魔

じゃあ久しぶりに萌え語りでも。

悪魔ってさ、人間に呼び出されたらしっかり奉仕しなきゃいけないわけじゃん。
ノルマ達成のために奔走する営業マンのごとく、どうにか人間から魂貰おうと一生懸命奉仕する。
でも時々頭回る人間とか、神様の気紛れで天国にいっちゃう人間とかがいて、
契約取れてたはずなのに横からかっ攫われちゃうわけ。もうそういうときの悪魔は茫然自失状態。
特に下っ端の悪魔なんかは、元々少ない力を人間に奉仕するために使っちゃって、心身共に疲れきってるの。
で、そこに悪魔のものだったはずの人間の魂を回収しに来た天使が来る。
「お前等ごときが地べたでどれだけ足掻こうと、天の摂理には勝てぬ。
 その証に、お前は人間の欲望の捌け口となり身を費やしたにも関わらず
 魂も取れぬままいま無様に私に見下ろされてる。汚れた存在であるお前には全く似合いだ」
とか罵倒されて、悪魔は天使からのプレッシャーで本能的に怯えながらも天使に唾を吐く。
当然そんなものは天使に届く前に消し飛ばされ、天使は余裕の鬼畜笑いで
「その反抗心だけは大したものだ。・・・では、消える前に私の欲望の捌け口にもなってもらおうか」

その後は、天使が悪魔に絆されて堕天使になる、またはふたりそろって人間になる、
悪魔が神様の采配で天使になる、などのラブラブエンドですよ、勿論。