※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恋いぞつもりて淵となりぬる

ついにあいつが死んだと連絡があった。早朝のことだった。
くるしむことなく逝ったということで、それだけがせめてもの救いだろうか。

バイクを飛ばしながら、僕は病院へと急ぐ。最後に会ったのはいつだっけ。ああ、確かあいつの家族の代わりに
ねまきの替えを届けてやったときだ。
のんきに笑いあえていたのに、あの時は。まさかこんなに早く別れが来てしまうなんて、思いもしなかったのに。

みんなはもう集まっていた。とは言ってもほんの数人だ。あいつ僕以外ほとんど友達なんていなかったから。
ねぐせも直さず、シャツのボタンを掛け違えたままの僕を見て、みんなは「みっともないぞ」と言って笑った。
よく見ると、誰も彼も真っ赤な目をしている。みんなはもうあいつのなきがらに立ち会ってきたそうだ。それまで
リアルさのなかったあいつの死が、僕の中で何だか急にはっきりと形を持ったものになった。

お悔やみの言葉を家族の人たちにかけて、霊安室でさいごの別れをして。
つめたくなってしまった手から指先をそっと離して、暗い部屋を出ようとしたとき、
涙痕も消えないかれの母が、僕を呼び止めた。あいつから僕に遺言があると言う。僕はそれを黙って受け取った。

「恋ぞつもりて 淵となりぬる」

見た瞬間、あいつが何をこの言葉に託したのかすぐ理解した。趣味が和歌のあいつを爺臭いと僕はよく笑ったから。
なんて気障な奴。わざわざこんなけったいな告白を、しかもこんな今さらになって。
のこされた身にもなれって話だ。ずっと一緒にいたのだから、そういうことはもっと早く言ってほしかった。

がまんしていた涙がいよいよ堪えきれなくなって、僕は泣いた。
わかってた、ほんとはずっと前から。こんなことなら僕のほうから言ってやればよかったのに。


――僕も、お前が好きだった。