※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三世

ノックもせずに扉を開いた。なるべく不躾になるように大きな音をたてて。
案の定驚いてやがる。俺は口の端をあげて大仰にお辞儀をしてやった。

「お久しぶりです」

ロッキングチェアに腰掛けたジジイは目を見張った。
立とうとするがしわしわの足と手がいう事を聞かないらしい。

「…お前は…お前は蘇ってきたのか…」
「バカ言うなよ。孫だ。耄碌しやがったんじゃねえのか。
 ピチピチの俺と祖父さんを間違えるなんざ、失礼にも程があるね」

そうか、と微かにうな垂れるジジイに俺は嫉妬の炎に焦がれる。
昔、昔々。俺の祖父さんは祖母さんと出会う前、このジジイと恋仲だったらしい。
そしてオヤジが生まれ、そのオヤジから俺が生まれ、このジジイに出会い…。
俺は祖父さんを見つめるジジイに恋をした。

「ジジイ、12年前の約束、覚えてねえっつったらこの場で殺す。ウンと言いやがれ。
 俺は今日成人した。さあ、嫁にしろ。祖父さんの身代わりじゃなく、俺を愛せ」

「……何と身勝手な。わしとお前、いくつ離れていると思うとる」
「知らねえな。数える事に意味はあんのかい」
「お前も男で、わしも男だ」
「それでもアンタは独身だ。それにあんたは、男の愛し方を知ってるだろう?」

「………本当に身勝手だな。…判ったよ。根負けだ。まったく面倒な三世を残してくれたモンだよ」

いらっしゃい。
開かれた手に俺は飛びついた。