※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その時触れられたのは指先だけで

彼はベッドの上でぐっすり眠っていた。

昔大好きだったけど些細なことで喧嘩して、それきり会わなくなった人。
もう会う事なんかないだろうと思っていたのに、
彼が事故に遭って入院していることを人づてに聞いてしまい、
悩んだ末に見舞いに行ったらこの状態だ。
ベッド周りにはいろんな装置が置かれ、
頭には電極のついた帽子のようなもの、鼻の部分にはチューブが付けられ、
腕には点滴の針が刺さってる。

点滴がついていない方の手を握り、声を掛ける。
彼は相変わらず眠ったままだ。
そっと髪を撫でる。また彼の名を呼ぶ。

一瞬むずがる様な表情を見せた後、彼はゆっくりと薄目を開けた。
「○○?」
俺の名前を呼んだ後、彼は震えながらゆっくりと手を伸ばしてきた。
俺のことを触って本当にいるのか確認しようとしているんだろう、
そのまま彼が俺の顔に触れるのをじっと待つ。

触れられたのは指先だけで、彼はその後口角を上げて少し微笑んで。
彼は力無くぱたりと腕を落とし、また目を閉じた。
周りの装置の一部が慌てたように点滅を繰り返す。

俺は側にあったナースコールボタンを力いっぱい押した。