※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

強く噛んで

腕まくりをした、清潔そうなシャツから伸びる、すらりとした腕。
別段細くはない、しっかりとした男の腕だ。
でも、力を込めたときに色白の肌から浮かびあがる血管は、たまらなくセクシー。
そんな腕が、猫のしっぽのようにくるくると動いて、目の前のキャンバスにモデルの輪郭をかたどっていく。
本日のモデルさんはこちら。
真っ赤に熟れた、セクシーな・・・リンゴ。
まあ、ヌードモデルとかだったら俺ももうちょっと燃えるんだけど。
相手は旬のリンゴちゃんだから、俺のキャンバスはなんだかまだ真っ白。課題は全然進まない。
まあでも、裸婦デッサンとかだと彼は間違いなく逃げるだろうから、こうやって二人で居残りできるのは、ひとえにこのリンゴのおかげなんだけど。
真っ白なうなじをじっと見つめていたら、形のいい頭がくるっと振り返った。
「進んでる?」
「んー?うん」
「本当に?なんか全然描いてる音聞こえないんだけど」
「そう?」
やる気のない俺の返事にじれたのか、ひとつ盛大に溜め息を吐かれた。
「お前はいいよな。天才肌で。俺なんてただの静物模写でも必死でやらないとダメだし」
「別に天才じゃねえよ」
「その余裕がうらやましいんだよ」
そう言うと、またくるりと俺に背を向け、鉛筆を走らせはじめてしまった。
かわいいお顔が見えなくなって、ちょっと、いやかなり残念。

清廉な雰囲気。端正な顔。育ちの良さが伺える話し方。彼のすべては、およそ性的なものには結びつかない。でも、そのすべてが、俺を掻き乱すんだ。
俺が余裕だって?
余裕なんてあるはずない。
本当は今すぐその、お綺麗な首筋に噛みつきたいんだ。
手を伸ばせば届くところにある、糊の効いた襟から覗く白いうなじが、夏の熱気に当てられて、うっすら汗をかいている。その汗をやらしく舐めとりたいって思ったら、もう止まらなかった。
鉛筆を滑らせる音が響く中、ゆっくりと、ことさらゆっくりと、目の前の首に顔を近づける。
口を開けて吸血鬼よろしく、歯がうなじに食い込んだ瞬間。

俺の視界はぐるんと動いた。あ、これ、天井。
ガシャン!と、机と椅子が転がる音が響く。

      • え?

途端に自覚する、ぶつけた後頭部と、喉元の鋭い痛み。
ギョッとして視線をずらすと、艶やかな黒髪がめちゃくちゃ至近距離にあった。

え?何?痛ぇ!とにかく痛ぇ!!
「ちょ!ちょちょ、何やってんの?」
ギリリと喉に食い込む感覚。これって・・・
目の前の黒髪がゆっくりと動いて、俺の大好きな顔がお目見えした。相変わらずの至近距離で。

「噛むなら、このくらいやってくんなきゃ」

清潔で真っ白な俺の天使ちゃんは、堂々と俺の腹の上で馬乗りになり、今までに見たことない表情で、唇をゆがめた。
その唇が再び近づいてきたかと思うと、恐らく彼の歯形が残ってるであろう俺の喉を、ぞろりと舐める。やらしー舌使いで。
なんで?
さっきまで超健全に鉛筆を握ってた手は、俺の頬をいたずらにするすると撫でた。
「俺、何かと痛い方がいいんだ。だから、やるなら」

しっかりやって。

耳元に囁かれた言葉は、普段俺をしかる言葉とまったく同じなのに、全然違う意味を持って腹の中に入り込む。

そのまま、激情のままに目の前の唇に口づける。下唇を噛んで、引っ張って、離して、また噛む。どこまでも甘い甘い唇に夢中になっていると、キスの合間に、彼が言った。

「もっと、強く、噛んで」

唇がくっつくくらいの距離で、やらしー声で。
清潔で、清廉な君のそんな表情、俺は知らない。知らないんだ。
ゾクゾクと背中を駆け上がる、快感みたいな、旋律みたいなものに突き動かされるまま、俺は彼の唇に、強く、強く、強く噛みついた。