※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どうしてお前あんなのと友達なの?

昼休憩から戻ると、前の席に座る先輩が何か言いたげに俺を見ている。

「どうかしました?」
「・・・や、なんもねぇ」
「はぁ、そっすか」

俺がそう答えると、しばらく俺を凝視してから視線をモニターに戻した。
仕事の進め方のせいなのか、いつも昼を過ぎた頃に機嫌が悪くなるこの先輩は、実は俺の想い人だったりする。
モニター越しに盗み見てみると、また眉間に皺を寄せている。
今日も機嫌悪いなあ。と思いながらも、その表情まで可愛く見えてくるから仕方がない。
同僚に「あれが可愛く見えるなんて、おまえは末期だ」と言われたことを思い出した。

「ああ、確かに」

苦笑しながら呟いた声が聞こえたのかそうでないのか、
男にしちゃ長いまつ毛を伏せたまま、モニターから目を離さずに先輩が口を開く。

「前から聞きたかったんだけどさー」
「はい?」
「まぁ、良いやつだとは思うよ」
「はぁ」
「でも・・・どうしてお前あんなのと友達なの?」

先輩の指は、いつも昼食を共にする同僚を指している。
生真面目でむっつりな俺とは違い、フットワークが軽く明るい奴だ。
昔から正反対のタイプと言われ続けているが、高校からずっと一緒だった親友だ。
仲が良くて当然だろう。

「うーん、どうしてと言われましても・・・」

俺がごちゃごちゃと考えている間も、先輩の眉間の皺はどんどん深くなっている。
ああ、やっぱり可愛い。

「つーか、何でそんなこと聞いてくるんですか?」
「・・・っ」

質問に答えずに聞き返すと、先輩の目が微かに揺れた気がした。

「・・・別になんでもねーけど」

モニターから顔を上げて俺と目を合わせた後、目を伏せながらそう答る。
人の目をじっと見るのは先輩の癖だろうか。
こういった態度をとられると、無理だとわかっているのに期待してしまう。

「そういう表情は先輩の癖なんですかね」
「悪かったな、無愛想で」
「違いますよ、可愛いなあと思いまして」
「・・・あ?」
「・・・あ」

しまった。と思った時には遅かった。
するりと無意識に口から出た言葉は、しっかり先輩に届いてしまったようだ。
やばい、引かれたらどうしよう。
ちらりと先輩を見ると、どういうことか首まで真っ赤になっている。
消え去りかけた期待が、また膨らんできた。もしかして。

「ねえ、先輩」
「・・・なんだよ」
「何で赤くなってるんですか」
「はぁ!?」

あ、また眉間に皺が。
これはもしかしてもしかするのか。

「ねぇ先輩って・・」
「あーもう、おまえマジウザい」

俺が言い終わる前に席を立った先輩は、そのままどこかへ行ってしまった。

もしかして、一緒に昼食を食べに出る同僚に嫉妬してくれたのか。
もしかして、いつも昼過ぎに機嫌が悪いのはそのせいなのか。
都合のいい期待がぐるぐる頭を支配しはじめた。

席を立ちながら携帯を取り出してメール作成画面を立ち上げる。
『悪い。明日の昼メシ、一緒に行けなくなった』
気のいい同僚の事だ、理由を話せば笑って許してくれるだろう。

『了解』
同僚からのメールを確認したと同時に、廊下の先に探していた背中を見つけた。
ゆっくり歩いていき、先輩に肩を並べる。

「先輩、明日の昼メシ、何食べましょうか?」