※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

待ち望んでいた瞬間にたどりついた

カズヒコはにっこりと笑って僕の右手を取った。
「ずっと想っていたよ。夢に見るほどに。ずっと、ずーっとね」
カズヒコは僕の右手に頬ずりしてから軽く接吻する。
「貴方は気付いてくれていた?俺が貴方を想っていたことに」
僕は首を振る。驚きが首の隙間からこぼれて行く。
「俺は貴方を心の底から想っていた。だから貴方を全て肯定する」
僕は首を振る。首の隙間からは空虚な音しかしなかった。
「貴方が誰を想おうと、俺をどう思おうと、そのままで良かった」
カズヒコは僕の左手も取って両手をぎゅうっと握り締めた。
「貴方が幸せに笑っているのなら、俺は良かったんだ。でも」
カズヒコは一瞬だけ泣きそうな顔になる。
「でも、最近の貴方は泣いてばかり、あいつの所為で貴方は泣いてばかりだから」
僕は思い返す。
「泣かされているのに、貴方はあいつの傍を離れなくて、俺にはそれだけが理解できなかった」
僕は彼のことを思い返す。僕は泣いていただろうか?
「ずっと想ってたんだよ。貴方が幸せに笑う夢に見るほどに、貴方のことだけを」
カズヒコは僕の腕をひき、僕を抱き締める。
「けど、最近は貴方の笑顔を思い出せなくなっていた。夢の貴方も泣いていて」
カズヒコは僕の頬を撫でてそのまま僕の髪を梳いた。
「だから、今夜は貴方をつけてた。貴方があいつの家に入るのも見た」
僕を抱き締めている所為で、カズヒコのシャツは赤く染まっていく。
「大丈夫だよ。貴方が飛び出して行った後、あいつの部屋に入った。証拠になりそうな物は全部持ち出した」
僕はそこでようやく、このナイフの出所について合点がいく。
「急いで追いかけてきたら、貴方は笑っていた。嬉しそうに楽しそうに幸せそうに」
カズヒコは笑っている。
「その瞬間を逃したくなかった。今しかないって思ったよ。ずっと待っていたんだ」
カズヒコの腕は暖かいが、僕の身体は冷たくなっていくばかりだ。
「俺は貴方を責めない。貴方の全てを肯定するんだ。ただ貴方が笑ってさえいてくれればそれで」
僕はもう眼を閉じる。カズヒコの言葉はもう聞きたくなかった。
暗闇の中で僕は彼のことを思い返す。結局のところ、僕はこの瞬間を待っていたのかもしれない。
(待っていて。すぐに君の傍に行くから)
(君にはもう、僕だけしか居ない。誰にも邪魔されない、邪魔させない)
(ずっと二人きりだ。ずっと、ずっと―――)