※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二人がかりで

何事も二人がかりで取り組めば、完璧に近い形を作り上げられた。
例えば、夏休みの宿題。
例えば、文化祭での二人司会。
例えば、大学での卒業研究。
一人では不可能に感じることも、二人がかりだと些細な事のように思えてくる。
俺らは自他共に認める最強のコンビで、行く先に怖いものなどない。…はずなのだが。

はぁ、と溜め息を漏らした俺を見て、相棒が困ったように笑った。
「そんなに緊張しないでよ。俺にまで伝わってくるじゃない」
ほら、幸せ逃げちゃうよ? と続けた相棒は、いつも通りへにゃりと表情を崩した。
「この状況で緊張しない方がおかしいんだよ。あー、汗かいてきた」
俺はそう言いながら、黒いスーツに両手を拭いつける。
落ち着かず、ソワソワと体を動かし続ける俺に呆れたのか何なのか。
急に相棒は俺に手を差し出した。
意図を掴めず、呆けた顔を上げた俺に、相棒はこの上なく良い顔で俺に告げたのだ。

「今まで俺とお前、二人がかりで取り組んで不可能な事なんてあったかい?」

途端に全てを理解した俺は、ニヤリと笑って差し出された手を強く握る。

「いや、無いな」

だって俺らは

「「最強のコンビだからな」」

そう言い放って、顔を見合わせた俺らは思わず噴き出した。

一通り笑い終えると、俺はぽつりと言葉を漏らした。
「しかし、立ちはだかるのがお互いのオカンとオトンになるとは…」
困ったように顔をしかめた俺に、やっぱり相棒は飄々とした態度で俺を慰める。
「まぁ、何とかなるでしょ。二人一緒に白タキシードを着させてくれって頼むだけだし」

「…お前が言うと案外簡単そうに思えてくるよ」
「物事はシンプルに考えるべきだよ。そんなに難しい事じゃないはずさ」
「お前が言うのなら、そうなのかもな」

そう呟いた俺は、繋がれたままの相棒の手をぎゅっと握り、空を見た。
そうだ。二人がかりで取り組めば、不可能な事なんて無い。
これまでも、きっとこれからも。

「さぁて、行きますか?」

間延びした相棒の声に促され、俺達は二人がかりの未来へと一緒に足を進めた。