※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

止めを刺される

昨日一晩考えた。俺は立石のことをどう思っているのか。
一晩中真剣に考えて真剣に自分の気持ちと向き合ってみた。
…まあ時々体育祭とか、あとついこの間の文化祭の時の立石の写真を見ながらだけど…。
他にも立石から来たなんてことないメールとか、くだらない写メとかも見たけど…。
そしてとりあえず出た結論は、やっぱりあいつ外見も内面もイケメンだわ、だった。
うん、俺の気持ちはほら、あれだな。憧れ。だってあいつマジですげえもんな。
顔はもちろん、努力家で頭もいいしスポーツも好きだし人望だってあるし。
ああ見えて実家が寺だかで結構真面目だし、かといってふざけないわけでもなくノリもいいし。
かっこいいからうらやましいって感じなんだな、うん。
「お、おはよう伊藤」
全く罪な男だぜ畜生…なんて思っていたら、正に張本人の立石が下駄箱の前にいた。
「うわ立石!なんだよびびらせんなよ!」
なんだよなんで下駄箱の前なんかにいるんだよイケメンのくせに!
「そんな驚くなよ~。教室まで一緒に行こうぜ」
爽やかなイケメンスマイルでそんなこと言うんじゃねえ!心臓バクバクすんだろうが!
「お、おう…。というか、お前あれだな、今日結構早いんだな!」
「ああ、伊藤が今日日直だから、早く来るだろうなと思ってさ」
昨日言ってたCD全部持ってきたんだぜ、なんて歯を見せながら笑うなよ!にやにやすんだろうが!
「あーCDな、うん、サンキュー」
「俺のプレイヤーにも入れてきたからさ、教室で一緒に聴こうぜ」
イヤホン半分こな、とか言うなって!窓から大声で叫びたくなんだろうがっつーの!
「お、おう…ありがとな。CD全部一気に持ってくんのは重かっただろ。悪いな」
必死に冷静なふりを装って返事をした次の瞬間。
「ああ、伊藤のためなら全然重くねえもん」
これでもかというくらいのイケメンスマイルでそう言われた俺は、多分試合で言うなら完全にノックアウト。
止めの一撃を笑顔で決めてくるなんて、やっぱりイケメンってスゴイ、俺は改めてそう思った。