※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高校を卒業したら

From 和也
Sub (non title)
――――――――――
秋さん、久しぶり
母さんから聞きました
十年近く付き合っていた女の人と別れたそうですね
大丈夫ですか
ひとりで家事できてるんですか

To 和也
Sub (non title)
――――――――――
うるさいよ。
お前こそ、まるで女の気配がないって
姉さんが嘆いてたぞ。
早く彼女のひとりやふたりぐらい
家に連れていってあげなさい。

From 和也
Sub Re:
――――――――――
俺、昨日卒業式だった

To 和也
Sub (non title)
――――――――――
おめでとう。

From 和也
Sub Re:
――――――――――
約束だろ

To 和也
Sub (non title)
――――――――――
かわいい女の子紹介してや



そこまで文字を打ち込んだところで、携帯が震え出した。
通話ボタンを押して温かくなったそれを耳に押し当てる。

「もしもし」
『はぐらかそうとしてましたよね』
「何が?」
『今、秋さんちの前』
「……若いうちから視野を狭めることはないだろ。
大学に行けばいろんな人がいていろんな世界がある」
『そんなの分かってます。
でもあんた以上に俺が好きになる奴なんてどこにもいないんです』
「和也」
『俺だっていつまでもガキじゃない。
なのにあんたはいつもいつも』

電話越しに聞いた甥の声は、機械を通したせいか無機質だった。
彼がまだまっさらな制服に腕を通していた頃交わした約束は、
彼の道を正すために交わした約束で、
俺にとっては守るためのものなんかじゃなかった。
彼が今どんな表情でいるのか、どんなことを思っているのか、
それを受け止めるのは俺の役目じゃない。

『秋さん、好きです』
「……もう遅いから、早く家に帰りなさい」

こうやって俺は、この子を中途半端に突き放すずるい大人のままでいるのだろう。