※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

着ぐるみ姫の恋

──嘘。

目の前で繰り広げられる非現実的な光景に、思わずそう呟きそうになった。
だが、着ぐるみバイトは無言が鉄則だ。
すんでのところでそれを思い出して、吐き出しかけた言葉をぐっと飲み込む。
ついでに、ひとつ深呼吸。
ちょっと汗くさくてよどんだ空気でも、少しは気持ちが落ち着いた。

それでもまだ、目の前の光景が信じられない。
「あの」川崎が、笑顔で着ぐるみと戯れているだなんて。


川崎といえば、泣く子も黙る……かどうかは知らないが、
強面と粗暴な言動を誰もがまず思い出すわけで。
そんな男が、小さな子を連れてデパートの屋上に現れて、
たかが着ぐるみに子供よりはしゃぐだなんて、誰が想像できるというんだ。
俺だって、人づてに聞いたらフカシ扱いしたに違いない。

「おお、こっちは白雪姫か! なあ握手して、握手!」

だから、誰にも言わない。
喜色満面で着ぐるみの俺に走り寄ってきたことも、
その笑顔を、不覚にもかわいいと思ってしまったことも。