※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘタレ従と天然主

「…あ…ああ…」
口からついて出たのは意味のなさない声だった。
だって、と心の中で呟いてしまう。
イギリス料理もフランス料理もイタリア料理も、
それはもう、どんな料理とて主は素晴らしく気品溢れる動作で食事をされる。
食事だけじゃない。
物腰は柔らかく、いつなんどきでも紳士に振る舞われ、
産まれついての高貴な雰囲気を漂わせ…
ああ、私ごときが表現するのもおこがましいぐらい、
とても素敵な主だ。

「これはなんだ?」
テーブルを埋め尽す料理の中で、一点を指差し、
主は涼やかな声で斜め後ろに立っていた私に質問された。
そう、とても無邪気に。
出てきた料理を主と客人に説明するのが今の私の役目だ。
今日出す料理のレシピから材料まで、全て頭に入っている。
それなのに、喉がからからに乾いて声が出なかった。
だれだ、今日の客人が蟹が好きだと言ったのは。
蟹が好きなのはまだ許せる。
しかし誰だ今日のメニューを考えたのは。
…ぐるぐるしていてもわかっている。
茹でた蟹が一番美味しいのだからそれをお出しして、と言ったのは主だ。
「これ、おかわりあるかな」
もっと飲みたい。
そう言われて頬が引きつる。
客人は息を飲み、メイドたちもそっと成り行きをうかがっている。

この中で、フィンガーボールの水は料理ではないのでおかわり出来ませんと、
私が告げなければならないのだろうか。