※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


―――君の肌が桜色だ―――


熱を帯びた指先は、一度もがく様に夜空を掴み、俺の背中に爪を立てる

花見の季節、たまには外でって言うのもいいもんだ

散る桜の花弁が

君の桜色の頬へ溶ける