※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シーラカンス

目の前で喋るアイツの顔をじっと見ていた。
よく動く口やなぁ。ノート見ながら、熱く語ってるなぁ。
そう思って酒を飲んでいたら、いつのまにか顔をものすごく近づけていた。
アイツと、目があう。「…何?」とアイツが聞く。
しばらくの沈黙。
アイツの目に、少し怯えがはいって、ふっと目をそらした。
俺は、その瞬間、アイツの唇にキスをした。
やわらかい感触。さっきまで喋っていたせいか、少し濡れている。
唇を離して、アイツの顔を観察した。アイツは、眉間にしわをよせて、俺を見ている。
「…どういうんや」とアイツがかすれた声で言った。

さっきまで、お前が熱心に喋っていた、テーブルの上のノートの絵が、視界に入った。
ヒレがたくさんついた魚。シーラカンスって言うてた。
シーラカンスを飼育したい。でも、捕獲したら、3日ぐらいで死んでしまうから
無理なんだって。すごく弱い魚なんだって。自分の状況が変わることに、臆病だから
死ぬのかもしれない、って。

「…お前、シーラカンスよりも勇気ある…?」
俺は、かすれた声でささやいた。
心なしか、アイツの顔が赤い気がして、さらに俺は口を開いた。
「なぁ…俺さ…」
そこで、アイツは、俺の肩を力いっぱい押した。
俺はうしろむきにコケて、しりもちをついた。
「…言わんといて…頼むから…」
アイツは下を向いたけれど、俺はもう一度立ち上がって、アイツの肩をつかんだ。
「俺、お前が好きやねんけれど、それに答えてくれる?」

アイツは、目に涙をためて俺を見た。
俺ら二人の状況が変わることに、お前、臆病にならんといてくれる…?