※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

酔った勢い

酔った勢いだった。
おととい、俺は友人である男と寝てしまった。
酒を飲んで、調子に乗って、あろうことか自分から誘ってしまった。
行為がどんなものだったかは覚えていない。
(まあ、昨日はろくにバイトも出来ないほどずっと腰が痛かったから、
激しいものであったのは確かだとは思う)
だけどただひとつ、俺に誘われたあいつが一瞬妙な表情で固まったあと、
赤かった頬を更に真っ赤に染めたことだけは鮮明に覚えている。
そして、その顔を思い出すたびに、ひとつの疑念が俺の中に浮かぶ。

今日もバイトが終わった。
コンビニで酒を大量に買い込んで、また、あいつの部屋に行く。
「お前さー、もしかして俺のこと好きなの?」
きっと、酔った勢いでなら、打ち明けてくれる。