※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

見た目怖面中身わんこ×見た目クール中身天然小悪魔

うわ、お前、何でいるんだ。え? コレ…いや、話せば長くなるんだが…。

最初はな、冗談からはじまったはずなんだよ。
確か、アレは、新入社員同士で集まって呑んだ時だった。
その時の俺は、初めての仕事で大失敗した直後だったし、初めての一人暮らしで、
ろくなもの食べてなかったし、なんだかもう、何もかもが嫌になって、会社辞めようか
どうしようか、とか、グチグチ言ってたんだよ。今では想像つかないだろ。あの頃は、
俺も若かったんだよな。多分、泣いてたと思う。だってな、他のヤツら、誰も近づいて
来なかったんだもん。そりゃなぁ、こんなゴツい顔の俺が泣いてたら、誰も近づいて
来ないよな。そうしたら、隣に座ったこいつが慰めてくれたのよ。
しかも、その慰め方が、男らしくてさ。「俺の胸か背中を貸してやる」だってさ。
だから、その時酔っ払ってた俺は、こいつの背中に飛びついたわけだな。
で、気がついたら、あまりにも暖かくて、寝ちゃってたんだよ。
ん? 何でそれが、さっきコイツに抱きついていたのに関係あるのかって?
驚くな。その抱きついて寝た日の翌日、どういうわけか俺は、社長賞をもらえるぐらいの、
デカい営業に成功したんだ。それからというもの、翌日にデカい営業の仕事が入った時は、
ゲンをかついで、こいつに抱きつくことにしているんだ。それがまたなぁ、今のところ、
15年間無敗なんだよな。俺の出世があるのは、この高梨の背中のおかげ、ってなもんだ。
まぁ、新入社員のお前に言っても分からないだろうけれど、会社っていうのは、けっこうそんな
どうでもいいゲンかつぎでなりたっていたりするんだぞ。

…え? どうした、お前。そんな怖い顔して。
「15年間も、高梨部長に抱きついていたのか」って…。まぁ、そうだな。
俺達が入社してからずっとだし。
「どれぐらい?」…って、平均したら、月に2回は、確実にやってるかな。
「何で」…さっき言ったじゃないか、ゲンかつぎだって。
おい、高梨。お前も何か言えよ。え? 「嫌」って…。コイツはお前の部下だろ!
だいたい、「今は誰もいない」って言ったから、抱きつきに来たのに、新入社員がいるって
どういうことだ、お前。
うわ、こら、山田! お前、仮にも営業本部長だぞ、俺は。胸倉をつかむな!
何で涙目なんだ! 何で、「高梨さんは、背中まで僕のものだ」とか言ってるんだ。
おい高梨、お前、コラ!

え、俺がお前をどう思ってるかって? いや、今こんな状況で普通に聞かれても…いや…、
ちょっと…。うーん、好きか嫌いかで言うと、好き…だな。って、何言わせるんだ。
え? 山田は、高梨のことが好き? あ、そ、そ、そうか。まぁ、個人の趣味の問題
だから、会社としては問題無いと思うが…。いや、そ、ちょ、待て。何で、高梨部長の
好きな人の名前で、俺の名前が出てくるんだ。おい、高梨、お前、何言ってるんだ。
お前、いっつも冗談か本気か分からないことを、人に冷静に言うのやめろよ。信じてるじゃないか。
え、いや……いや………嫌いだなんて、めっそうもない…か、感謝してる。
すき…か嫌いかで言うと、好きだけれど、そういう意味じゃなく…いや…。

ああ。結婚いまだにしてないのは、高梨の背中以上の人が見当たらない、って、
社長連中に言ってるのは確かだけれど…その…恋とか愛とか…うーん……。

…とりあえず、二人で焼き鳥でも食べに行って、考えさせてもらっていいか。
え? 今度抱きついて寝るなら、胸の方に…て…お前なぁ……だから真顔で何言ってるんだ。
おい、山田、お前今すぐ帰れ。ほら、上司もそう言ってるから。ほら、帰れ。
高梨、呑みに行くぞ。用意しろ。あ…その前に、明日のために、もう一回抱きつかせてくれ。