※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同い年で老け顔×童顔

「はぁ~。俺プチ整形しようかな」
とんでもない事を言い出した親友に、俺は読んでいる本から目を上げた。
何でプチ整形?と問いかけると親友は口を尖らせてこう言った。
「B組の女子で高橋って居るじゃん」
「うん」
「俺昨日告白したんだー」
プチ整形よりも今の発言の方が驚いた。いつの間に…
「それで?」
冷静さを装いながら話を促す。
「そしたらさ、高橋が『大人っぽい人が好きなの』って」
なるほど。
高橋は目の前の親友と同じように小柄で童顔、所謂庇護欲をくすぐるタイプだ。
今までの彼氏は皆、年上か頼りがいのある奴じゃなかったかと記憶している。
それじゃフラれるのは仕方ない、と心で呟きながら俺は親友を見つめた。
すると、こいつの表情がたちまち険しくなる。
「……お前の顔ムカツク」
「はぁ?」
「お前みたいな大人っぽい顔だったら俺だってフラれなかったのに!」
「おい、ちょっと――」
「なぁ、お前みたいな顔に整形したら高橋も付き合ってくれると思わねえ?」
八つ当たりのように主張してくる親友に俺は絶句した。
中学生の時から社会人に間違われていた老け顔なんかより、コイツの方が
よっぽど良い顔をしていると思う。
「何でそんな発想になるんだよ?」
「お前には俺の気持ちが分からないんだ!お前は背高いし目も鋭いし鼻高けーし
俺みたいに貧相じゃねえしそれに――」
言葉を畳み掛ける親友だったが、ふと黙りこみじっと俺を見つめた。

「お前ってよく見るとカッコいいんだな。びっくりしたー」
無邪気な顔で言う親友に俺はまた絶句した。
驚いたのはこっちの方だ。
内心そう呟くと、俺は弛む口元を誤魔化す為に手許の本に視線を戻した。