※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記憶喪失

怪我「自体」は大した事はないと言われ、急いで向かった入院先。怪我以外の問題を告げられた診察室。
そっと入った薄暗い個室。眠っているのを確認して触れた髪の毛の柔らかさ。静かに、起こさないよう
にと、声を押し殺して泣いた。彼のぼんやりとした瞳に俺が呆然とした朝を過ごした後、初めて会った
日の感覚を懸命に思い出して、やり直そうと誓った。見てろよ運命、と神に喧嘩を売って自分に発破をかけた。

そして、退院日。

病院を後にして桜の咲き始めた帰り道を歩きながら、肩のスポーツバッグをかけ直して彼が喋りだした。
「お前さ…俺が入院した日の夜、隣で泣いてただろ」
「え…」
ばれてたのかと、うろたえる俺を彼は鼻で笑った。
「アレだけ泣かれりゃ起きるって。ヒックヒックうるさかったし」
「ゔ」
「でも、まぁ…」
久し振りに直接肌に注ぐ太陽が眩しいのかすっと目を細める。
「……俺にはこんなに泣いてくれる奴がいるんだって、嬉しかったけどな」
「マジ、すか」
「こいつの為にいっちょ思い出してやるかって、さ」
「へぇ…そ、そう」
嬉しくてヘヘ、と笑うと、
「でもあの泣き顔は相当キモかった。お前、あの顔女に見せない方がいいよ」
としかめっ面で言い放ち、俺の浮かれた気分を一刀両断だ。
「見せないよ。…アンタ以外には、見せない」
「あ、そ」
自分では男前に反論したつもりでも彼にはちっとも効果がない。素っ気ない態度は変らないままだった。
ちぇ、と拗ねる俺に彼は、悪戯っ子の様にニヤニヤ笑いながらこう尋ねた。
「なぁ、俺とお前ってどんな風にキスしてたの?」
「はぁ!?」
「な?どんな風?色々俺のこと教えてくれたけど、それは教えてくれなかったじゃん」
「どんなって……」
「なぁ?」
「……おおおおお前、もう記憶戻ってんだろ!!自分で考えろよ!!!」
そう、退院日3日前に彼は唐突に思い出した。自分の名前、生年月日、親兄弟、趣味嗜好、その他酒と煙草が特に好きで蛙が死ぬほど
嫌いだった事なんかを。そして、俺との関係も。
「そうだけど、まだしてないだろ?」
「う…」
「どうする?キスの仕方だけまったく違う俺になってたら」
「ぐ…」
「セックスの立場が上下逆になってたら」
「…!!」
「どうすんの?」
「た、試すよ!!」
ここで?と笑う彼に家に帰ったら!と返した。なら、と走り出した彼の後を慌てて追う。まだ、怪我は全快してないんだから気をつけ
て欲しい。
「ま、帰ったらまず酒飲むからその後になるけどな」
追いついた俺に彼はこう言い一人ゲラゲラ笑った。酒を飲んだ後はすぐに寝てしまうことを思い出した俺は、こういう意地の悪い所が
治ればよかったのにと切実に願った後、すぐにその願いを打ち消した。
記憶が戻って良かった。
彼の魅力が変わらなくて良かった。
俺への気持ちを思い出してくれて、本当に本当に本当に良かった。