※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

わんことぬこ

俺はコタツにあたって、猫と一緒に背を丸めながら、窓の外をながめた。
一面の銀世界、と言えば詩的かもしれないが、外が真っ白になっている様は、
どう見ても寒そう。おかしいぐらい寒そう。1センチ雪が積もっただけで、
大騒ぎするような土地なのに、こんな雪ダルマ作れるような量の雪が積もったら、
もう交通機関も何もかもストップだ。もちろん、現場も休みだ。
こんな日は、もう猫と一緒にコタツで寝るのが一番幸せだ。
明日には、雪も溶けて、何もかも元通りのはず。
そう決めて、猫と一緒にコタツでうつらうつらしていたら、
「おーい、徳本さーん。一緒に雪だるま作りましょうよー」
俺を呼ぶ声が、外から聞こえてきた。
おいおい、こんな寒い中、外で遊んでるバカがいるのか。
窓の外を見ると、案の定バカが、飼い犬と一緒にいた。なぜかスコップを持っている。
あー、正真正銘のバカだ、あいつ。
スコップなんて、毎日仕事で使ってるのに、何で寒い思いしてまで、休日に
そんなことしなきゃならんのだ。だいたい、雪だるまって、俺達いくつだ。
いい年こいた男が二人で、雪だるまなんて作ってたら、皆のいい笑い者だぞ。
「徳本さーん!」
無視していると、さらに大きな声で、バカが叫んだ。
ブンブンと、ちぎれそうなぐらい手を振り出した。さらに、犬と一緒に、
駆け出して、ジャンプをしだした。

俺は、「嫌だ」というのをわかってもらうために、首を横にふった。
コタツから出たくない、というジェスチャーもした。
すると、ちょっと悲しそうな目で、バカはこっちをじっと見た。
俺は、さらに首を横にふった。背も丸めて、『寒い』という意思表示もした。
すると、さらに悲しそうな目で、バカはこっちを見つめた。

困る俺の横で、丸くなっていた猫が、立ち上がって、歩き出した。
そして、玄関の前でミャァと鳴いた。開けろと言っているらしい。
あぁ、お前もコタツから出るのか。じゃぁしょうがないか。

仲間になりますか。
 →はい
  いいえ

俺は、コートと手袋を取りに、コタツから出た。
雪だるま、作るとなったら、めちゃくちゃ大きいのにしてやるか。犬がびびるぐらいの。