※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

W-ZERO3

 彼は同期の中でも、出世頭だった。

 金曜日の夜、ピンポーンとチャイムが鳴り、出てみると高木だった。
「こんな時間にどうしたの?」
「別に」
 彼は素っ気なく答えた。
 ―……あ、そうだ。えっと、ビールでも飲む?
 ―いや。まだ、仕事が少し残っている。
 そう言って鞄から何かを取り出して仕事を始め、俺は何をしに来たんだろうと思いながら、隣でビールを飲んでいた。
 すらりと伸びた指先がカタカタと音を立ててキーボードを叩く。
 彼のブラインドタッチはいつも正確で、乱れることがない。
 ――さすが高木。
 俺は誇らしく思って、口元を緩めた。
 同期の高木は入社当初から成績が抜群に良かった。
 愛想がないから、近寄りがたい雰囲気もあるけれど、女性社員の人気もまた抜群に良い。
 ――お前、かっこいいもんな。
 ――別に。
 褒めたつもりだったのに、高木は眉を顰めて呟いた。
 そういえば、と気付いた。容姿も能力も高いけど愛想がない高木は、男性社員からの評判は著しく悪い。
 嫌味と思われたかな。
 ――えーと、そうじゃなくて。
 何と言ったらいいのかな。俺は首を傾げたみたけれど、いい言葉が思いつかない。
 ――そりゃお前は顔もいいけど、それだけじゃなくてさ。
 確かに愛想はないけどさ、俺が分かってなかったこととか馬鹿丁寧に教えてくれたじゃん。すんごい真剣にさ。
 愛想はまるでなかったから、周囲の奴には偉そうなヤツだな、気にするなよと慰めるように肩を叩かれたけど。
 ――俺、お前のそういうとこもかっこいいと思ってるんだ。
 真剣に優しいって思ったよ。
 高木は目を瞬かせたあと、また『別に』と呟いた。
 そして、おれ達は仲良くなった。
「お前のパソコン、小さいな」
 しばらくの沈黙の後に、高木が手元を休めて顔を上げた。
「……パソコンじゃない」
「違うの? 何それ」
「W-ZERO3」
「何それ」
 パソコンでも携帯でもない新機種なんだと高木は言った。
「へぇー、さすが高木だな。俺なんて同じWILLOMでもPHSが限界だよ。どんどん、先に行っちゃうな、お前」
 会社でも携帯でも。
 軽く言ったつもりだった。肩を竦めて、冗談で。
 だけど高木はぴたりと俺を見据えた。真剣な眼差しに驚いた。
 ――もしかして?
 俺の中である噂がぶわりと広がった。
 ――高木、栄転するらしいよ。
 まさか、そんな早すぎる。
 まさか。
 いつの間にか口に出していたらしい、高木は俺をじっと見つめたあとで、本当なんだと呟いた。
 まさか。
 部屋の中は静まりかえっていて、高木の指がキーボードを叩く音もやんでいた。
高木はどこか暗くて、俺もまた動揺していた。だけど、
「よ、良かったじゃん!」
 そこはやっぱり、喜ぶところだった。
「さすが高木だよ。いいなぁ、お前。きっとすぐに彼女とかも出来るぞ。今までもいなかったのがおかしいくらいだし。
ほら、お前ってば何だかんだでいつも俺と一緒で……」
 そう、一緒だった。だけど、もう違う。高木は遠いところに転勤だ。
 俺は必死に場を盛り上げながら、むやみに高木の背をバンバン叩いて明るい声を出していた。
伊達に未来の宴会部長と言われてないよな。
 俺は自分で笑った。視界が滲みそうになるのは気のせいだと思った。
「遠くなっちゃうけど、友だちではいてくれよな。……彼女、出来ちゃうだろうけど。そりゃ、出来ちゃうだろうけど、
でもたまにさ、その、友だちである俺のことも忘れずに、メールとかなんでもいいからさ」
 高木はずっと黙っていた。そして、顔を上げて俺を見て、どこか緊張している声で言った。
「お前は……彼女とか、作る気なのか」
「お、俺? 俺はーどうかな。高木と違ってモテナイし」
 俺はあははと笑った。彼女? ごめん、実は今そんなこと考えられない。
 何でかもの凄く動揺しているんだ。
「どうかなー、作るかな」
 でも俺は笑っているしかなくて、ふざけた調子で言った。
「そりゃ、作れるものなら作った方がいいよな」
高木は俺を見据えると、真剣な眼差しと声で言った。
「作らなくていい」
 そして、驚いた俺にいきなりW-ZERO3を差し出した。
「これをお前にやる」
「は?」
 いきなり、何で?
 と思っていると、高木は真剣な顔を続けた。
「その代わり、彼女は作るな」

 俺はW-ZERO3と引き換えに彼女を作る権利は放棄した。
 だけど、恋人は作ってもいいとお互いに約束した。
 そして、W-ZERO3は高木専用となった。