※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

きみといつまでも

「おーい、瀬!」
いつものように僕は君の名前を呼ぶ。
「・・・何ですか、バカ竜」
いつものように君は返事をする。
「瀬は本当にツンデレだなぁ。デレてよん。」
「嫌です。ていうか本当にうざいです死んでください。」
本当にいつものこと。
でも、前はこれがいつもじゃなかった。
僕は、数年前にこの子と出会った。
瀬は一人だった。家族は軍の奴等に殺されたらしい。
軍の奴等から逃げて倒れている時に、僕が助けた。
もう、最初の頃はとっても無口だったのに、今じゃこうさ。
まぁ、これはこれでいいけど。
「なに考えてるんですか、気持ち悪い。」
「もー、変なことなんて考えてないよ?」
「普段の行いが悪いんですよ。」
むぅ、せっかく助けてあげてるのにぃ!

…本当はこんなくだらない事してないで、逃げなきゃなきゃないのにね。
僕らは一応軍に逆らったもの。
いつも命を狙われ放題さ。
この前なんか、窓割られたし。
いつ死んで、いつもが無くなるかわからない。
でも、僕は・・・。
「君は本当に可愛いよねぇ」
君のことを絶対に守ってやる。
「あの頃は可愛かったよなぁ」
たとえこの体が滅んだとしても。
「今の君もツンデレで可愛いけどねー。」
そう僕はこれから先、いつもであるように。
「ねぇ、瀬君」
僕は、
「愛してる」
君と、いつまでも。