※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

……なーんて、な!

「好きだ」
言った瞬間、後悔した。
竹村はひどく驚いた、そして少し途方にくれた顔をしていた。
「せ…ん、ぱい」
「お前が、好きだ」
もう一度言いながら、改めて向き直ろうと足を踏みかえる。
途端、竹村の身体がびくんと跳ねた。
あぁ、やっぱり。
そうだよな。同じ男から告白されたって、気持ち悪いだけだよな。
想定どおり、俺は唇の両端を持ち上げた。
「なーんて、な!」
「…え?」
「嘘だよ、う・そ」
言われた意味がうまく理解できないのだろう、竹村は目をしばたたいてこちらを凝視した。
「今日でお前とはお別れだろ。せっかくだから、お前のビビり顔でも土産にしようと思ってさ」
やー面白かった、と背を向ける。
これで大丈夫。竹村だって、こんなこと、じきに忘れるだろう。
後ろ向きのまま、俺はおざなりに手を振った。
「じゃーな。俺、これからクラスの奴らと約束が」
「先輩っ」
一瞬、何が起きたのか解らなかった。
竹村が、俺を、抱きしめている?
「なっ、竹村?!」
「先輩、俺…」
ばか、やめろ。泣いてるのがばれちまう!
「や、はなせ、」
「聞いてください!」
初めて聞く強い口調に、ぎくりと動きが止まる。
きっと、解ってしまったんだ。あれが本当だって。
うまく嘘にできたと、思ったのに。
竹村の言葉が怖くて、俺は顔を両手で覆った。
俺の耳に、切なげな声が届く。
「先輩。俺、俺は――」

この後を知っているのは、俺と、竹村と、吹き抜けていった風だけ。