※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あと一歩が踏み出せないヘタレ攻と俺様受

「馬鹿じゃねーの、あんた。またそんなモン手伝ってんのか。どこまで御人好しなんだよ、ほら貸せ」
 呆れた顔をした高瀬はレポート用紙の山の半分を引き取って、俺を見上げている。何だかんだと人がいいのは
お互い様じゃないかな、と思うのはこんな時だ。
「い、いいって高瀬。お前まだ足の調子悪いんだろう?」
 高瀬は先日、怪我をした。図体がでかいがいかんせん運動神経の鈍い俺がけつまづいた時に、巻き込まれた形
でだ。申し訳ないやら、情けないやらで恐縮する俺に、しかし高瀬は自分が気付かなかったのが悪い、と謝罪
すらさせてくれない。意地っ張りなのか、見得張りなのか。多分両方だろう。でも、そんな素直じゃない彼が、
実は随分と前から俺は好きだった。……未だに、告白すら出来ていないけれど。
「~~っ、もう、過保護……」
 舌打ちして、高瀬はわざとのように足音高く歩いていく。
「……痛っ……」
「高瀬っ」
 俺は慌てて駆け寄る。しゃがみこんだ高瀬の顔色は青い。折角の可愛い顔が台無しだと、こんな時なのに俺は
どうでもいい事を考えた。
「悪い、これ持ってくれるか? 保険室まで行こう」
「え、そりゃいいけど……って、おい!」
 両腕に抱え上げられた高瀬は珍しく焦ったような声を出した。でも、そんなのに構ってられない。俺は高瀬を
横抱きにしたまま、保健室に向かう。こんな時ばかりは、意味なく伸びた身長も役立つ。
「は、ずかしいから降ろせ! 少し休んでりゃ平気だっつの」
 じたばたと暴れながらも、ちゃんとレポートを抱えているあたり律儀だ。そんなほほえましい様子に、思わず
俺は笑いそうになる。だが、離す気は無かった。
「その間こんな冷えた廊下でしゃがんでるのか? そんなの、俺が許せない」
「ヘタレの癖に何偉そうな口……! だったら、もっとはっきり言えっての……」
 ぼそりと付け加えられた言葉の意味を取りかねて、俺は足を止めた。
「何? 高……」
 首に回った細い両腕。ばさばさと落ちるレポート用紙に焦りつつも、俺は高瀬の突然の行動に身動きが取れ
なくなっていた。
「俺のこと、何でそんなに構うんだよ? お前さぁ、何か言う事あるだろ、俺に」
「たか、せ?」
「珍しく気長に待ってやろーかなーとか思ってたのにさ。お前、不用意に近付き過ぎ」
 こつんと、額が寄せられた。間近にある、俺の好きな声、好きな顔、好きな……。
「高瀬、実は俺……」
 好きな、彼。