※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会場まで行ったのにキャンセルかよ!

「会場まで行ったのにキャンセルかよ!俺、すげー虚しくねえ?」
『ごめん!本当にごめん!!朝、急にクレーム入っちゃって…午前中に処理出来ると思ったんだけど長引いて。本当にごめん!!』
「あー嘘、嘘。だーいじょうぶだって。映画なんて一人でも見れるしさ。こっちは気にしなくていいから、お前はちゃんと仕事しろ。給料分きっちり働いてこいや」
『ごめん、本当にごめんな、ヒロ。今度絶対埋め合わせするから』
「おう。たっかいもの奢らせてやるから覚悟しとけよー?」
『うん。何でも喜んで奢るよ。……ヒロ、好きだからね』
「……俺も好きだよ、ユキ」

携帯の通話を切ると、つい溜め息を吐いてしまったた。
一体何度目だろう、ユキの仕事でデートがなくなるのは。
目の前にあるのは小さな映画館。
お互い学生の頃は二人でよく来ていたけれど、今年度に入ってから来たのは初めてだ。
今、この小さな映画館でやっているのはハチャメチャな内容のアクション映画一本。今日が上映最終日。
B級アクション映画が好きな俺たちはこの映画を知り、二人で見に行こうと約束した。
でもなかなかユキの都合が合わずに行けなくて、上映最終日の今日、どうにかギリギリ二人で見られるはずだったんだよ。
もう一度溜め息を吐き、ずっと二人で見たがっていた映画を見るため、俺は一人目の前の映画館に入って行った。

休日だというのに中はガラガラだ。入ってすぐにCMが始まる。
お決まりの『携帯電話やPHSの電源を切ってください』というCMを見て、携帯の電源を切った。
ユキと会う前はマナーモードにするだけだったのに、あいつが毎回このCMを見たらすぐに律儀に電源を切るものだから俺もいつの間にかきちんと切るようになっていた。
変な影響だな、と少し笑いが漏れる。
周りに人がいなくてよかった。
こんなCMで笑っていると思われるなんて嫌すぎる。

―――だめだ。全然映画の内容が頭に入ってこない。
ストーリー性重視の映画ではなくても、ストーリーをきちんと把握できていない状態で見るアクションシーンはとても味気なく感じる。
いつもは爆笑するようなシーンでも、今はまったくそんな気分にはなれなかった。
一人だからかもしれない。
そんなことが浮かんだ途端に、何だかぼーっとしていた頭が、映画とは別のことを考え始める。
デートのキャンセルが増えたユキ。
忙しい社会人のあいつとお気楽な学生の俺の時間が会わないのは仕方がないのも
直前にキャンセルが入ることが多いのはギリギリまで間に合わそうと頑張っているからだっていうのもちゃんとわかっている。
それでも、ユキと二人で過ごすはずだった時間を一人で過ごすのはとても淋しく、不安で。
ユキはキャンセルの度に何度も何度も心から謝ってくれる。
それに口では気にするな、と返しながらもどこか不満を持ってしまう自分に嫌悪を覚える。
そんな気持ちを持つのを避けるためにユキに謝らせない様に変に気を張ってしまい、疲れる。
勝手にやっておきながら疲れると感じる自分に嫌気がさす。
自分勝手な考えだとわかっていても、楽しいという感情を見つけることができない。
こんな俺といても、ユキは楽にできないんじゃないか、煩わしく感じるだけなんじゃないか。
「もう、だめなのかな」
小さくこぼれた言葉は映画の主人公の叫び声にかき消されて自分の耳にさえ入ってこなかった。

映画が終わったのは午後2時過ぎ。
映画館を出た俺はなんとなくいつものコースを辿る。
映画館の裏にあるファミレス。
駅から離れているこのファミレスは昼のピークを過ぎればほとんど人がいない。
二人で映画を見た後はいつもここに入ってずっと話していた。
いつも座っていたのは一番奥の四人で座るテーブル。
今日は一人だし、違う席に座ろうと思ったのに、店内がガラガラなのを確認したら、体がついその席の方に向かってしまった。
ウェイトレスさんにここでもいいかと聞けば、いいですよ、と笑顔で返され、その言葉に甘えていつもと同じ席に座り、いつもと同じメニューを注文した。
一人で食べるには多すぎる量を頼んで、馬鹿らしくて笑う。
二人で頼むにしたって多すぎる位の量だ。
いつもは二人でだらだら長時間かけて食べてるから食べきれるだけで。
四人席なのに、いつも向かい合わずに隣合って座ってた。
食事をしながら映画の話に花を咲かせて、こっそりテーブルの下で手を繋いで、人が見ていないのを確認して、こっそり軽いキスをしてみたり。
その後お互い妙に照れて、照れ隠しに爆笑したりとか。
「すっげーバカップルじゃん、俺ら」
笑ったつもりなのに、涙が出てきた。
楽しいことを思い出していたはずなのに、何で涙が出てくるんだろう。
もう俺、諦めちゃってるのかもしれない。
だからあの幸せな時間がもう訪れないって考えて、涙なんか流しちゃってんのかも。
幸せな時間を、懐かしんで、恋しがって、欲しがって、諦めちゃってるからか。
馬鹿みたいだ。一人でうじうじネガティブに考えたってしょうがないってわかってんのに。
なのに、涙が止まんないんだよ。

「ヒロッ!!」

ここで聞くはずのない声に呼ばれて、下に向けていた顔を上げた。
俺を抱き締める寸前、ちらりと泣きそうなユキの顔が目に入った。
「ごめん、ヒロ、ごめん」
息を切らしたユキが声を絞り出す。
俺の顔に触れたユキの耳は驚くほど冷えきっていて、首は逆に熱を持っていた。寒い中走ってきたんだろう。
「ユキ、なんで、こんなトコいんだよ、仕事は?」
「ちゃんと無理矢理終わらせてきた。ヒロ、携帯切ってるし、ここにいるかもって思ったら居ても立ってもいられずに。」
携帯を切ったままだったことを思い出す。
「馬鹿。いなかったらどうするつもりだったんだよ…」
「そしたら、今度はヒロの家行って、ヒロの好きな店行って、学校行ってって他探しに行くよ。」
「なんだよ、携帯繋がるの待ちゃいいじゃん」
「ヒロ、一度切ったら寝るとき充電するまで気付かないじゃん。早く会いたかったし、それにどうしても、今日中に、直接会って直接言いたかったんだよ」
「……何?」
「好きだよ、ヒロ。愛してる。俺と、一緒に暮らしてくれませんか?」

ああ、大丈夫。まだ俺たちの間に、幸せはある。