※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

籠の鳥

今日こそは、と意を決して誘った居酒屋。
酒の勢いを借りなきゃ告白ひとつできねぇ俺は最低だが、この際しょうがない。なるようになれ、だ。
だけどなぁ、おい。
隣でこいつは浴びるように酒を呑んでばくばく食って、楽しそうにしてやがる。
甘さはかけらもありゃしねぇ。俺の一大決心は木っ端みじんだ。
選択ミスなのはわかってるがなぁ、だって俺らに、バーだのフレンチだのは似合わねぇだろ?
でもなぁ、これは。
「あれ?おまえ全然飲んでねーじゃん。ワリカンなんだからさ、イけよ」
「……あぁ。」
「なぁなぁ、これ気にならね?『籠の鳥』だってよ。オシャレだなぁ」
「……どーせ焼鳥かなんかだろ。虫籠とかに入った」
「ぷっ、なんだよそれムードねぇ」
お前にゃ言われたくねぇよ、と心で毒づく俺を無視して、奴は声を張り上げる。
「おねーさーん。『籠の鳥』で!お願いします!」
おいおいまだ食うのかよ。
あきれて頭を抱えた俺を尻目に、こいつはへらりと笑って日本酒を煽った。
あぁもう。そんなところも好きだよチクショ。
しばらくして5本の串が入った小さな竹編みの籠が運ばれて来たのを見て、
「ほらーオシャレじゃん」
とか目を輝かせるこいつを見ながら、次は小洒落た店でリベンジすることを誓った。
「焼鳥うんめー!」
……やっぱ色気より食い気か?こいつは。


end.