※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カラオケ


ぶっちゃけうんざりだ。
奴がいきなり「カラオケ行きたい。行きたすぎる。行こう!」とか言いだして
俺を強引に引っ張って行くもんだから、ま、いっかーっと来てみれば。
奴はずっとマイクを離さず、バラードばかり永遠歌い続けてる。
しかも微妙に古くてやたらとくさいラブソングばっか。
これは…アレか?
女に聞かせる為の練習ってヤツですか。
最近変に付き合い悪いと思ったらラブソングを歌ってやりたい女ができてたわけだ。
で、一人でカラオケで練習は虚しいから暇そうにしてた俺を引っ張ってきたってことね。

あーあ。
カラオケ久しぶりだな、とか
奴と二人なら音痴な俺でも遠慮なく思いっきり歌えるな、とか
…奴と遊ぶの久しぶりでちょっと嬉しいかも、とか。
そうゆう…なんつーの?ワクワク感ってヤツ?ソレが一気に萎んだわ。

そんな俺の気分はそっちのけで奴はまた一曲歌い上げやがった。
妙に上手かったが、拍手なんかしてやるか、ボケ!
次にスピーカーから流れだしたのは…かの名曲『TSU●AMI』

はい、限界が来ましたよー

「お前アホか!こんな季節にんなもん歌ってんじゃねえ!つか、さっきからマイク離さずにラブソングばっか歌い続けやがって!女に歌ってやる歌の練習なんて一人でやりやがれ!!」
「は?女?練習??何言ってんの、お前。」
履いてた革靴を力一杯投げつけてやったのに、奴はうぜえことにあっさり避けやがった。
「ああ!?好きな女に聞かせる為に練習してんだろーが!」
「いやいやいや、今現在進行形で好きな奴に聞かせてるわけで」
「アホかあ!今ここにはてめーと俺しかいねーだろうが!てめーには第三の誰かさんが見えていようが実際にはここには俺とお前の2人しかいねーんだよ!!」
「だーから!お前と二人っきりだからこうして必死で熱込めて歌ってるんでしょーが!!」
「………ああ?」
前で歌ってた奴は俺の投げつけた皮靴を持って俺の隣に座り、俺の足にその革靴を履かせると、顔を上げて俺と視線を合わせた。
「…我ながら痛いとは思うんだけど。自分の言葉で上手く伝えられないから、人様の言葉をお借りして、思いっきり、これでもか!というくらい愛を込めて歌って伝えようかと。」
「………誰に伝えるって?」
「お前に、愛を。」

なんてこった。
バックで流れる曲のサビが、ぴったりすぎるんですけど。