※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

でかいチワワ

フウ…と溜め息を付きながら
体育祭の喧噪を逃れオレはひと気のない校舎裏へ来た。

原因はさっきの仮装リレー。
受け狙いの競技のくせに、以外と得点が高いこの競技。
秘密兵器のアンカーとして送り込まれたアイツは凄かった。
なにせ可愛らしいぶかぶかのチワワの着ぐるみが
他のクラスの特撮ヒーローやら忍者やら海賊やらをごぼう抜きにして
ぶっちぎりの1位でゴールしたんだから。
そのあと、着ぐるみの頭の部分をハズして「やったぜっ!」って手を振ったアイツの笑顔。
クラスの皆でそれを喜びながらも、オレは複雑だった。
そんな笑顔を、他の奴らに見せてほしくない。
これ以上、注目されてほしくない。

なんだかいたたまれなくなったオレは、逃げるように校舎裏へとやってきた。
ようやく少し落ち着いたとき、いきなり後ろからどつかれた。
「…ってぇ、何だよっ!」
半ば八つ当たり気味に怒鳴りながら、振り返ってみて驚いた。
そこには、まだ下半身だけ着ぐるみを着たままのアイツがいた。
背はオレよりも少し高いし、そこそこ筋肉もついてる。
でなければ、こんなものを着てあんなに早く走れるわけがないだろう。
想いが叶わないのに、男としても負けているというのがまた悔しい。

「…ずいぶんでかいチワワだな」
悔しいから精一杯のイヤミを言ってみたが、まったく通じなかった。
「ふふん、見たかオレの勇姿を。ってかおまえ、せっかくのオレの勝利を祝ってくれないのかよ」
「別にクラスみんながさんざん祝ってたじゃねえか」
「みんなじゃなくて、オレはおまえに祝って欲しかったんだけどな~」
「!」
うそだ。
こんな都合のいい展開があるわけがない。
ただの言葉のアヤで特別な意味ではないんだと、必死で自分に言い聞かせる。
驚きで言葉を返せないでいると、アイツが悪戯っぽい目で笑った。
「おーい、聞こえてるか。こないだオレが1位とったら何でもおごってくれるって言ったよな?」
「…覚えてたのか」
「あったりめーだろうが。その為に頑張ったんだから」
やっぱりな、そんなことだろうと思った。
けどまあ、約束を覚えておいてくれただけでもよしとしよう。
「仕方ねえな、何がいいんだよ」
「オレ、ずっと前から欲しかったものがあってさ」
「え?」

次の瞬間、オレの唇はアイツの唇で塞がれていた。