※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

支配する、支配される

毎度のことだが、「あれ」に支配された体は俺の意志で動かすことができない。
「敵」は結局のところあれの種族の敵なのだが、人間に危害を加えるとなれば俺にとっても敵なのだろう。
「あれ」は俺と物理的に一心同体。
いつかは元に戻れると信じているが、それまでにいったい何度、こんな目にあうのか。
あれは元来「敵」と戦うのが仕事らしい。それを今でも俺の体でやっているのは非常に迷惑なことだ。
(オオッ!)
頭すれすれをかすめた敵の攻撃によろめいた……のは、俺の気持ちだけ。
実際の体は奴の意のままにあり得ない高さに飛び上がり、そのまま反撃を叩き込んでいる。
「ダメージはない、黙っていてくれ」
俺の右足を敵の頭にめり込ませながら、こともなげにあれが言う。
(びっくりしただけだよ! わかってるよ、もう終わったって言うんだろ?)
あれは、こと戦うことに関しちゃ文句なしにエキスパートだから、そこは信用している。
(さあ、帰ろうぜ、晩ご飯には間に合いそうだ)
敵は頭部を砕かれて倒れている。俺は伸びをした……気持ち的に、ということだが。
「いや、まだだ……本体が、抜けている」
緊張した奴の声。本体?
横たわる体の、背中がごっそりえぐれている。
何かが抜けて、どこか行った。どこへ? 言うまでもなく、この廃工場を出て、街へ。
(……おい、まさかあいつも人間にとりつくんじゃないだろうな?)
「私ができたことだ、当然実行するだろう。上手くいかなくても宿主が死ぬだけで養分補給になる」
そのあっさりした口調にカッとなった。基本的に敵もあれも人と相容れない。
エネルギー源、障害物、野生動物……おそらくそんなふうに見ているのだろう。見過ごすわけにはいかない。
(早く! 何してるんだよ、倒しに行くぞ、早く、行けよ!)
「見つける手段はない、人間に接触して騒ぎが起きるのを待つ」
こいつは……お前らに巻き込まれる人間なんか俺一人でたくさんなんだと、なぜわからん。
(バカ、それじゃ遅いって! なんかあるだろ、方法! とにかく他の人より先に見つけろ、お前ならできる)
「無理だ、非能率的だ」
(言うこと聞けよこの野郎……)
早急にこの論戦に勝たねばならない。が、勝機は十分にあった。
この数ヶ月、こいつに振り回され続けた俺はようやく奴のウィークポイントを見つけたのだ。
魔法の言葉、これさえあれば、奴を支配できる。
(今日の夕飯は手巻き寿司だ、あれは難しいぞ? わからんだろう……食べ方が。
 教えてやるから、代わりに俺の言うことを聞け)
向こうには調理という概念がないという。どうもずいぶんと合理的かつ味気ない栄養補給手段らしい。
色とりどり、種類も味もさまざまな「料理」に、あれはハマった。
(──美味いものを、食いたくないか?)
この時ばかりはあれが珍しくうろたえて、やがて誘惑に負ける。
「……仕方がない、君の要求に従う。まったく面倒なものだな、人間とは」
生意気にも奴は肩をすくめてみせた。勝手に使うな、俺の肩だ。