※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンデレになりたい

「あー、ツンデレになりてえ」
「またいきなり…何でですか?」
「だって今時オラニャンとか言ってツンデレ男子がモテるらしいじゃん」
「オラニャンなんて誰も使ってませんよ先輩」
「うっそぉ」
「本当です」
「ほら、真由子ちゃんに沙希ちゃん、奈美ちゃんも、こーなんつーの、お母さんタイプじゃん?」
「はあ…」
「だからこうツンデレになったら母性本能くすぐられないかなーなんて」
「…無理じゃないですか。モテない人は所詮どこまで行ってもモテないですよ」
「ひでえ、俺これでも結構モテるんだぜ」
「先輩うそばっか。でも俺、先輩のこと好きですよ」
「まじで。そう言ってくれるの高橋だけだよ」
「…ところで先輩、今日予定あいてます?よかったら食事…」
「あっ、ちょっと待って、電話。…もしもし、悠也?うん、今終わった。
そっちは?…あっそ。…別に寂しかったわけじゃねーよ。
……そういうこと言うなよ……うん………うん。…うっせーよ…
…ったく仕方ねーな…今からお前んち行ってやるよ」
「…あの、食事…」
「すまん高橋。母ちゃんがキトクだ」

…先輩は今のままで充分ツンデレだと思うんですけど。色んな意味で。