※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メタ

「僕らは、なんてちっぽけな存在なんだろうね」
「達観してんじゃねーか。いきなり。暗い顔してどうした?変なモンでも食ったか?」
「ノリがいいのは君の長所だけれど、こればかりは冗談にして笑えない」
「そんなこと聞いてみないとわかんねーだろー。なんだよ、話してみろよ」
「ん…何て説明したらいいか……」
「ざっくりで頼むな。俺バカだからあんま難しいこと言われても困るし」
「いま、僕らのしている会話はシナリオなんだ」
「すまん。あんまりザックリすぎても、それはそれでわかんねぇ」
「ルールが決まっているんだ。僕と君は、予め決められた目的の為だけに存在し、会話をしている」
「意味わかんねーんだけど……えーと。お前、どっかの変な電波でも受信したのか」
「義務なんだ。僕が君に話しかけるのも、君が僕に応えるのも」
「はぁ?」
「単純なこと。僕も君も、用意された登場人物で、目的を成立させる為に此処に居る」
「にしては、俺にはそんな実感これっぽっちもねーぞ」
「たしかにそうだね。それは僕も同じだ。だからこそ、僕らはちっぽけな存在で」
「てか、難しすぎて俺にはサッパリ……ま、でもよかったじゃん」
「よかったって……なにが」
「みーんな最初から決まってるんだろ?お前の話だと、俺がいるのもお前がいるのも、喋るのもぜーんぶ」
「のんきに言うんだね、随分と」
「ただ単に俺がバカなだけだ。お前もそんなめんどくせーことで悩むなって」
「め、面倒くさい事って……」
「だからさ、最初から決まってるお前の話し相手が俺でよかったじゃんって、俺は言ってんの」
「けっこう……君って、無意味に自信家だよね……」
「なんだとー!?なんだよそのため息!」
「ノリに他人を巻き込めるのも君の長所だ。……うん、そうだね。君で良かった」
「? なんかわかんねーけど、やっと笑ったな。お前には笑顔の方が似合うぞ」