※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

田んぼにダイブ

「おめーそういや、ここに髭さ生えてんのな」
「おー? まあなあ」
夏休みの宿題を二人で片し、駄菓子屋へ向かう道、照り返る陽光にほわほわと揺れる髭が目立った。
明は自分の未だ生えない鼻の下を撫でて、それから佳樹の髭を触る。
「なんだあ、こすぐってぇ」
「俺にゃまだ生えてねえど」
「そのうち生えっぺ。おめげの顔はガキくせえからな。まだなんだろ『せーちょーき』が」
明はムッとした。
顔つきは確かに佳樹のほうが大人びているし、最近とみにゴツくなったが、それでもまだ明のほうが身長が高いのだ。
「どん口でそれを言うだ」
「こん口だ」
にししと笑う佳樹の顔が許せなくて、そのまま髭を一本抜いた。
「っいっで!!!何すっだか!!!」
「ざまあ見さらせっ。舐めた口きくからこうなんだ。ガキの癖して」
「へん!んじゃおめーのが大人だっつうんか」
「そうだぁ」
「んじゃあおめ、キスしたことあんだか」
「あぁ!?」
「ほれ見ろ、ねえんだべ!俺なあこないだ従姉妹の姉ちゃんとしちったんだ~」
「ぐぬぬ……」
まさか佳樹に先を越されるとは、と思っても口には出さず、負けず嫌いの口を出した。
「俺だってある!」
「……うっそだー」
「マジだ!おめーがしたのは普通のキスだべ?俺なんかベロチューしたし!」
「誰と?」
「え……あの、……姉ちゃんの友達と」
「証拠あんのかあ?」
「んなもんおめげにもねーべ」

「俺はあっと。なんたって手順を一からレクチャーされたけぇ」
「んなら俺んが上だあ!だってベロチューの仕方分かるしな」
「んじゃあ証明しろ」
「……どうやって」
「俺ん口で」
「……はァ!?」
「んだって他に証明しよーもねーべ」
いささか短絡すぎないか。
「ほんじゃ俺からな」
「えっおま、」
チュー……。
佳樹の唇がタコのように吸い付いた。
我に帰って慌てて身体を離す。
「馬鹿!せめて場所考えれ!往来だど!」
「あ~そういやそうか。ま、ともかく俺は証明してやったど。明はどうなんだ?」
「だから場所が……」

「あー逃げる気だー」
「るっさい出来るわ俺のがもっとすっげえの!!」
売り言葉に買い言葉で、明は佳樹の肩を掴んだ。
しかしこれからどうしよう。
実際の所、夢の中では実践経験豊富だが、キス自体が明にとって先ほどのがハジメテだった。
だが不思議とショックとかは無い。
「何固まってんだあ。ビビってんのか?」
「るっさい。ムードを作ってんじゃムードを」
もうこのさい後には引けない。
明は夢でアイドルや同級生の女子としたのと同じ手順、つまり相手の目を見つめながらそっと近づく。
「佳樹……」
そっと名前を呼ぶ。
佳樹がぱちくりと目を見開いた。面白い。
髭が触れ、唇が重なった。

半開きの中に舌を差し込むと、大口を叩いていた佳樹の身体が跳ね上がる。
口腔をまさぐると「ん……ふぅ、む!む!」というくぐもった声と共に胸を叩かれる。
右のほうをまさぐると余計叩かれる。抵抗されているようだ。
……だがもう少し。
…………もう少し……。
「……いい加減にしれー!」
完全に雰囲気に酔った所で、佳樹が無理矢理顔を離し、叫んだ。
「お、おう。……どうだ?これで分かったべ……」
慌てて取り繕うが、佳樹の顔を見るなりまずくなった。
「……ああ……まあ、確かに明のが、すげえよ」
顔を赤くしたままの佳樹の潤んだ瞳、腫れた唇、照れたような仕草に明はやばくなった。
主に股間がやばい。
佳樹が何か言っている。
「どうした明?駄菓子屋行くんだべ?腕離せ」
「お、おお」
「……ん?なんだろ、おめえポケットになんか入れてんのか?何かかてえのが……」
「!!」
明は察した。……そのかたいのは、すなわち僕のボッキちんこと言う物体です。
いぶかしんだ佳樹が下を見る前に!
他に逃げ場はないと分かった明は意を決し、ダッシュして田んぼにダイブした。
この友情にヒビが入ってはならない。
「アイキャンフラァーイっ!!!」
ドボンっ。
「あ、明ァ~~!!?」
ああ、青春の一ページ。