※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仮面舞踏会

あと僅かで月が満ちようという夜、ある国の城。
豪奢な造りの寝台には、情を交え終えた王と、王の男がくつろいでいる。
「殿下」
「名で呼べ。興が冷める」
「……グスタフ様」
「どうしたジャン」
「明日は舞踏会に御出席ですか」
「客が来るのでな。何だ、抱かれぬ夜が寂しいか」
「明後日の夜を心待ちにしております」
「素直で良いことだ。では二日後は存分に可愛がってやろう」
――下衆が。誰が喜んでお前の油の浮いた肌に触れるものか。
彼の心の呟きに気付かないまま、王は彼に口付けた。
「その頃には月も満ちていよう。楽しみだ」
――あぁ、明後日の今頃は……!
王が目を閉じて寝息を立て始めても、彼は眠れなかった。
緊張と興奮が身体を包み、ひどく手足が冷え、頭が冴えていくのだった。

仮面舞踏会の夜、城は華やいでいた。
色とりどりの衣装、繊細な細工の仮面、煌びやかな宝飾品。
一国の主が主催する舞踏会とあって、目の眩むような豪華な演出がなされていた。
列席するのは有力な貴族や王族の血を引く者たちで、彼らは各々の権力と美しさを誇りあうように談笑し、踊り、遊びの約束を交わした。
しかし王は一人冷めていた。
年若い少女の薔薇色の頬も、年頃の貴婦人の丸い胸も、男の青い瞳を思い出せばどれも劣るように思えた。
深く息を吐いて会場を見渡す。すると、ある青年が目に留まった。
「一曲どうだ」
「……ご冗談を」
「今夜は仮面舞踏会だ。気違い沙汰も面白い」
「ではリードしていただけるのなら」
曲が始まろうとする直前、王は青年の手を取った。
白い仮面の奥に隠された瞳は青く澄んでおり、寝台の上の男を思い出させた。
「お前によく似た目をした男を知っている」
ステップを踏みながら青年に囁く。
「さて、どなたのことでしょう」
青年は女性のパートを難なく踊りこなしながら返した。
「私の男だ」
弦楽器の音が一際高く響いた瞬間、王が青年の腰を抱き寄せた。
青年は片手をつないだまま逆の手で王の胸を付き、いったん離れてみせる。
周囲の人々は世にも珍しい男性同士のダンスに目を奪われ、リードをとる側の人間が王だとは気付かぬまま、冷やかし混じりに囃し立てた。
「私もあなた様によく似た方を存じております」
いくつかのステップを無難に踏み、再び王に身を寄せた青年が呟いた。
「ほう、誰だ」
王は口の端を上げて微笑んだ。愛人か、兄弟か。奇妙な縁もあるものよ。
頃合良く音楽も最高潮を迎えるところだ。弦が震え、狂おしいまでの旋律が身を焦がす。
今夜はこの青年を寝室に迎えようか。王は胸を高鳴らせた。
「私の敵でございます」

先ほどまで高鳴っていた胸に、また違った衝撃が走った。青年がよたつく王を支え、耳元に唇を寄せる。
「グスタフ様、私の瞳はそんなに父に似ておりますか」
王は短く息を呑んだ。
「殿下の御命令であったと、寝台の中で教えてくださったではありませんか」
手を伸ばし、青年の仮面に触れる。
「ジャン、おまえ……」
「私の名はジャン・ベイルマン。殿下に殺されたルーカス・ベイルマンの息子でございます」
ずらした仮面からのぞいた青い瞳は、間違いなく王の男のものだった。
「ああ!」
小さく絶望の声を上げた王の唇に男が口付けた。悲鳴は吸い込まれ、誰にも届かない。

密着していた二人が距離を置き、王が床に伏すと、会場はしんと静まり返った。
溢れかえる金切り声、少し遅れて兵を呼ぶ怒声。今や王の仮面は外れ、その左胸には刃の薄いナイフが深く刺さっていた。

白い仮面を付け直した青年は身を翻し、壁の一部を押した。そこ隠されていた扉が開き、彼を吸い込んでいった。
古い時代に作られた地下への抜け道を知っているものは、王とごく少数の血縁者のみだ。
近くにいた者が後を追おうとしたが、その扉が二度目の侵入者を許すことはなかった。

その夜、王の男が部屋で休んでいると、一人の兵がやってきた。
「たった今、グスタフ王がお眠りにつきました」
「ああ、なんということだ……。何か託されたことはありましたか」
「いいえ、胸の傷が深く、とてもお話になれる状態ではありませんでしたから」
「殿下には長い間、父子のように目をかけていただいて……」
「心中お察しします」
「舞踏会になど行かないでほしいと、正直に告げればよかった」
「御妃様もそうおっしゃっていました」
「私は明日城を出ます」
「葬儀には参列されないのですか」
「御妃様や王子様方の心をを余計に乱すことになりますから」
「その御心遣い、感謝いたします」
「今夜は我々の王を悼みましょう」
「ええ、それでは失礼いたします」

次の夜、ジャン・ベイルマンは小さな手荷物だけを持って城を去った。
月は満ち、白々と彼の横顔を照らしていた。復讐を遂げたジャンは外壁越しに城を見つめ、薄く笑った。
――さようなら、愚かなグスタフ王。
もう王の男としての仮面をつけている必要などないのだが、何故かその青い瞳は冷たく潤み、満月の光を映すのだった。